後続車両からのパッシングには、2つの意味がある【運転のコツ】

ベンツのヘッドライト

初心者や高齢者が制限速度を大幅に下回る速度で走っていると、中にはイライラして「俺を先に行かせろ!」とばかりに威嚇してくるドライバーがいます。

また、相手が自分よりも立場の弱い人間だと判断すると、わざと煽ってストレス発散をするようなおかしな人もたまに見かけます。

この場合の立場の弱さとは、絶対的な物ではなく、ただそのドライバーが勝手に自分の物差しで思い込んでいるだけなのですが、小さな軽自動車に乗っていると割りとこんな目に合う事が多いように感じられます。軽自動車に怖いお兄さんが乗っている場合は、どうするつもりなんでしょうねえ。

スポンサーリンク

後続車両から煽られた場合の対処

特に後続車両からのチカチカと断続的に繰り返されるパッシングは、「俺を先に行かせろ!」という相手からのサインです。まあ、制限速度プラスアルファくらいで走っている時にこんな事をされると腹が立ちますが、ここはぐっと抑えて素直に道を譲ってあげましょう。

といっても無理な場所で進路を譲る必要はありません。見通しの良い場所で、安全な退避場所を見つけてから譲ってください。

中には前が渋滞で詰まっているにも関わらず、やたらと煽ってくるおかしなドライバーもいます。こんな時はそのまま走り続けていると後で何をされるか分かりません。余裕を持ってかわす場所があれば、スムーズに進路を譲ってあげましょう。

とにかく、他の車をパッシングで煽るような人にまともな人がいるはずもありません。怒りをぐっとこらえて、進路を譲るのが一番賢いやりかたです。どうせそんな車は、後でてひどいしっぺ返しを食らうことになります。

スポンサーリンク

あなたの車の異変を、知らせてくれている場合もある

後続車両から浴びせられるパッシングは、なにも「道を譲れ!」といった乱暴なサインばかりではありません。

あなたの車に何か異常を発見して、それを親切に伝えようとしている場合もあります。例えば、トランクが開いていたり、ドアが半ドアであったり、ブレーキランプが切れている場合です。

後続車両のパッシングがどういった意図を持って発せられているのかは、その時の状況で臨機応変に判断するしかありません。自分の車に対する異常を知らせるサインであれば、すぐに安全な場所に停車して車を点検してください。

路肩に車を寄せる時は、後続車両への挨拶を忘れずに。手を上げてニッコリと微笑めば、相手も清々しい気持ちでその日をすごすことができます。

スポンサーリンク

右ウィンカーを連続で点灯しながら走る後続車両の場合

高速道路では、追い越し車線を走る速い車が「俺は追い越し車線を連続して走るから、前の遅い車はどいてくれ」といった意味で、右ウィンカーを常時点灯させながら走行している事があります。

こんな時は、すみやかに走行車線に退避して、後続車両に道を譲ってください。それ以前に、追い越し車線は追い越しを掛ける時だけに使う専用のレーンです。追い越しが終わったらすみやかに走行車線に戻って、追い越し車線を遅い速度でノロノロと走ることの無いようにしてください。

参考:右ウインカー点滅の意味 | 高速道路【運転のコツ】

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)