最適なドライビングポジションを決めるには、バックレスト(背もたれ)の位置が重要【運転のコツ】

ベンツのフロントシート

最適なドライビングポジションを決めるには、バックレスト(背もたれ)の位置がとても需要です。

バックレストの位置がイマイチだと、他のポジションで微調整しようとしても、理想的なドライビングポジションを見つけることは難しいのです。

スポンサーリンク

自動車を安全な場所に停める

まずシートポジションを調整するには、自動車を安全な場所に停車させます。「なんだかシートポジションがしっくりこないなあ」と感じても、クルマを運転中にシート調整をしてはいけません。

運転中にシート調整をすれば、シートが予想外にズレて思わう操作ミスに繋がります。自宅やスーパーの駐車場、勤務先の駐車場などであれば申し分ありません。

スポンサーリンク

バックレストの位置を調整する

それではさっそくバックレストの調整を行いましょう。角度は少し立て気味、背筋がピンと伸びるような角度が最適です。この状態でしっかりとお尻をシートの奥にはめ込み、バックレストに背中を密着させます。

次にその状態のままシートの位置を前後にスライドさせます。最適なシートの位置は、ブレーキを強く踏み込んだ時、膝の裏に若干の余裕(ほんの少し膝がシートから浮き上がる程度)があるくらいが最適です。

この時、同時にステアリングと腕の位置関係もチェックしておきましょう。ステアリングの頂点部分をしっかりと握り込んだ時、バックレストから身体が浮き上がるようならステアリングが遠すぎます。逆に腕が窮屈で操作がしにくい場合はステアリングが近すぎます。この時も肘に若干の余裕(軽く曲がる程度)があるのが理想です。

ステアリングの位置が近すぎたり遠すぎたりする場合は、バックレストの角度を微調整して修正してください。

スポンサーリンク

ステアリングの位置を微調整する

また、クルマによってはステアリング自体に調整機能が用意されています。安いクルマであればステアリングの上下位置調整。高性能なクルマであれば上下位置に加えて、前後位置の調整も可能です。

シートの位置をしっかりと調整した後、「もう少しポジションを微調整したいなあ」という時に最後の仕上げとして使ってみてください。最初からこの機能に頼って調整していると、最適なシートポジションを取るのが難しくなります。

このステアリングの調整については、もうひとつ注意してほしいポイントがあります。それはステアリング調整によって「メーター表示を隠さない」という事です。

まあ、上でも書いた通り「はじめにシートでポジションを大まかな調整しておき、最後にステアリングで微調整をする」という原則を守ればそうそうこういったミスは起きませんが。

パワーシートによるポジション調整

大衆車に装備される手動式のシート調整は、レバーとノッチによる大まかなポジション調整しかできません。

これに対して高級車に装備されるパワーシートは、自分の好みのポジションに連続的(無段階)に調整することができます。

加えて、ちょっとした微調整であれば運転中に調整する事も可能です。シートが大きくズレて危ない思いをすることもありません。

最適なドライビングポジションは、日々変化する

シートの最適な位置は、その日の体調や着ている服の厚さによっても微妙に変化します。そのため、ドライビングポジションに違和感を感じたらその度に微調整をしたほうが良いでしょう。

もちろん運転しながらの微調整は厳禁です。シートポジションに違和感を感じたら近くの安全な場所まで走り、クルマを完全に停止させてから調整を行ってください。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)