F1ドライバーの優雅で過酷な生活【F1】

リゾートホテル

レースの契約金やスポンサー料で莫大な金額を稼ぐF1ドライバーですが、その生活はいったいどんなものか気になりますね。

あれだけのお金を手にしている上に、言い寄って来る女性も星の数ほどいますから、「さぞや華やかで優雅な生活を送っているのだろう」と思いきや、実際の生活はかなりハードで過酷です。

スポンサーリンク

レースの為に直接必要となるスケジュール

F1のレースはその年によって多少違いますが、基本的に十数回から二十回ほど世界中を転戦して行われます。「なんだ一年に十数回か、サラリーマンに比べたら随分少ないなあ」と思われるかもしれませんが、レースは決勝だけではありません。

日曜日に決勝が行われる場合は、金曜日の午前と午後にそれぞれ1回ずつ、フリー走行が行われます。また、土曜日の午前にもう一度フリー走行、午後になると予選に挑まなければなりません。また、このレースのための準備を考慮にいれると、金曜日に現地入りしたのでは間に合いません。通常はそれよりも2、3日早く、火曜日からチームと合流する事になります。

加えてレースの翌日は、過酷なレースを戦って消耗した気力と体力を回復させるために使いますから、レースがある週は基本的に1週間全部をレースの為に使う事になります。

これを今年2017年の場合は、年間20戦行いますので、140日間は完全にレースのスケジュールとして抑えられる事になります。

スポンサーリンク

レース以外のスケジュール

「じゃあ残りの215日は全部休日なの?」と思われるかもしれませんが、残念ながらそういうわけにはいきません。この他にマシンのテストやトレーニング。マスコミ対応やイベントなどの仕事が入ります。

マシンテストは、F1サーキットに近い環境のテストコースに直接出向いて行います。

F1マシンのテストがよく行われるのは、スペインのヘレス・サーキットや、イギリスのシルバーストーン・サーキット。テスト期間が3日だとすると、移動や準備を含めてやはり1週間程度の時間は拘束されることになります。

スポンサーリンク

トレーニングやイベントへの参加も、F1ドライバーの大切な仕事

F1レースに出場するためには、並外れた体力が必要になります。そのため、ドライバーは自分の体力を維持するため、日頃から過酷なトレーニングをこなし続けています。これはスケジュールというよりも、毎日の日課ですから、年間を通して毎日のように行っています。

この他にF1ドライバーは、マスコミ対応やスポンサーの主催するイベントなどにも参加しています。そう考えると、「地中海の高級ホテルで恋人とイチャイチャしながら、ノンビリと酒を飲んだり美味しいものを食べたり」といった優雅な時間は、年間を通しても数日しか取れないことになります。

F1ドライバーに必要なモノ

F1の世界は巨額のお金が毎日のように飛び交う世界ですから、一見するとドライバーも贅沢で優雅な暮らしを毎日のように繰り返していると思いがちです。

しかし実際には、過密なスケジュールを縫って、ストイックに自分を鍛え続ける人でなければ勝ち上がっていけない程厳しい世界です。

そのため常にトップに立ち続けるような天才ドライバーになるには、並外れた運と実力の他に、なによりも「F1が好き」といった強い気持ちが必要なのです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)