新型 ジープ コンパス Sport 4X2【試乗評価】グランドチェロキー風のカッコイイ外観 [ABA-MK49]

ジープ・コンパスのフロント

今回は「新型 ジープ コンパス Sport 4X2」を試乗レポート。
2006年に搭乗したMクラスのクロスオーバーSUVです。日本市場では2013年より販売されています。

基本となるプラットフォームを「初代 三菱 アウトランダー」と共用しています。

スポンサーリンク

外観

全長4475mmX全幅1810mmX全高1665mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2635mmとなります。

フロント

グランドチェロキーと共通のヘッドライトユニットが使われ、全体の印象もよく似ています。重厚感とほどよいカジュアルさがミックスされたスポーティな外観です。

サイド

サイドから眺めると、初代アウトランダーとプラットフォームが共有されている事が良くわかります。特にガッチリしたDピラーを伴うルーフ形状は、瓜二つといってもいい位です。

ただし、この「ジープ コンパス」には、前後フェンダーにスクウェアにえぐられたホイールハウスがレイアウトされ、力強くクリーンな印象を与えています。

リア

ジープ・コンパスのリア

塊感のある軽快な印象のヒップラインに、角型のガッチリしたリアコンビランプがレイアウトされます。重厚かつスポーティなリアエンドです。

スポンサーリンク

内装

ジープ・コンパスの内装 ジープ・コンパスのステアリング

上質な樹脂が使われたシンプルでまとまりの良いインテリア。欧州コンパクトカーのような趣味の良さを感じさせます。ベースとなったアウトランダーと比べても、圧倒的に大人っぽいデザインです。三菱もインテリアデザインをクライスラーに外注すれば良いのに・・・。

ジープ・コンパスのセンターコンソール

シート

ジープ・コンパスのシート

フロントシートは、たっぷりしたサイズとストロークを持った快適な座り心地です。

リアシートには、成人男性が充分に座れるだけの適度な余裕があります。シートの形状も適切で、長時間ドライブも苦になりません。

荷室

リアシート後方には、広大な荷室スペースが確保されます。シートバックを折りたたむことでさらに大きな荷物も積むことが可能です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1998ccの直列4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、156ps/6300rpmの最高出力と、19.4kgf・m/5100rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1440kg。JC08モード燃費は、10.5km/lとなります。

エンジン

2.0Lのツインカムエンジンで前輪を駆動します。重量級ボディに非力な高回転型エンジンが組み合わされるため、パワーに余裕はありません。といっても市街地走行など日常領域で不足を感じるほどではありません。平坦路をゆったりと走るくらいであれば、充分スムーズに走ることができます。

トランスミッション

ジープ・コンパスのシフト

低速トルクの薄いエンジンをしっかりと回し、キツイ上り坂でもなんとな登ります。スムーズで賢いトランスミッションです。

積極的にマニュアルシフトしてやれば、高回転型エンジンが活発さを増しスポーティに走る事ができます。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

エンジン横置きのFFシャシーに、モノコックボディが組み合わされ、本格的SUVというよりは乗用車に近い乗り味を持ちます。

足回り

SUVとしては比較的重心が低いため、高速域でも高い安定性をみせます。ゆったりとしたストロークを活かした重厚感のある乗り心地です。

ハンドリング

ゆったりとしたロールを伴う、リニアなステアリングフィールです。ロールの出方が自然で予測しやすいため不安な印象はありません。

プラットフォームを共有する三菱アウトランダーと比較すると、SUVライクで若干穏やかなステアリングフィールです。

評価のまとめ

ジープラングラーなどと比較すると、乗用車用のプラットフォームが使われているため、クセのない快適な乗り心地を得ています。

ただし、外観にはしっかりと「グランド・チェロキー」の重厚で都会的な雰囲気がありますから、存分にイメージだけは楽しむことができます。

また、内装はベースとなった「三菱アウトランダー」と違い、趣味のいい上質な大人の世界が表現されています。この内装だけで「ジープ・コンパス」を買う意味があります。

グランドチェロキーの外観や雰囲気は大好きだけど、実際にその悪路走破性を使う機会は無い。乗り心地や走りも乗用車の方が好き。という人にピッタリな一台です。

価格

価格 | 3,078,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)