初代 ホンダ ドマーニ Vi(1992年)【旧型レポート】真面目なパッケージングの正統派セダン [E-MA4]

今回の旧型レポートは「初代 ホンダ ドマーニ Vi(1992年)」です。
この車は、1992年に登場した前輪駆動の小型4ドアセダンです。

先代のコンチェルトの実質的な後継車種として発売され、プラットフォームにはシビックフェリオと共通のものが使われています。

当時の日本は、背の低いスポーティな形状のセダン全盛の時代でしたが、このドマーニでは、あえてオーソドックスなセダン形状とまじめなパッケージングが与えられ、「質実剛健」な車作りが行われています。

スポンサーリンク

外観

全長4415mmX全幅1695mmX全高1390mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2620mmとなります。

シビックフェリオをベースに、背の高いオーソドックスなスタイリングが与えられています。

フロント

角型ヘッドライトによる大らかな表情のフロントフェイスです。しっかりと立ち上がったAピラーにより真面目な印象が漂います。

サイド

しっかりと高められたルーフ、立ち気味にレイアウトされたAピラーとCピラーにより、端正なセダンフォルムを構築しています。ぐっと低められたノーズに、シビックフェリオとの強い血縁関係を感じます。やはりセダンには、ある程度の高さがあった方が安心感があります。

リア

しっかりと立ち上がったリアウィドウに、ボクシーな形状のトランクスペースが組み合わされます。リアコンビランプ間を結ぶように折り目が付けられ、ドマーニならではの個性的なリアエンドを形成しています。

普通、ここまでオーソドックスな手法が取られると、無個性なスタイリングとなりがちですが、この小さな処理のおかげでかろうじてドマーニの個性を保っています。

スポンサーリンク

内装

簡素な質感の樹脂を使ったシンプルな内装です。機能的に整理されているため、使い勝手は良好です。メーター類の視認性も問題ありません。

全高を高く取り、乗員をアップライトな姿勢で座らせる事により、広々とした室内空間と、見切りのしやすいドライビングポジションを確保しています。コンパクトなサイズでありながら、大人4人が快適に座ることができます。

シート

立体的な形状の快適なシートが装備されます。少し体圧が集中しがちですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

リアシートの足元にはまずまずの空間があります。バックレストの傾斜も立ち気味で、成人男性であっても快適に座ることができます。

荷室

小型セダンとしては十分に広々とした荷室が確保されています。

静粛性

クラス標準レベルの静粛性です。エンジン音が静かなため、巡航中はさらに静かになります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1590ccの直列4気筒SOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、130ps/6600rpmの最高出力と、14.8kgf・m/5200rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1080kg。10モード/10・15モード燃費は、13.4km/lとなります。

エンジン

1.6Lのシングルカムエンジンで前輪を駆動します。このエンジンにはVTECが装備されていますが、燃費と実用トルクを重視したセッティングで、市街地走行など実用領域では抜群の使い勝手の良さを発揮します。適度なアクセルレスポンスで、運転がしやすいのも美点です。

今でこそ、低速トルク重視のVTECエンジンは珍しくありませんが、このドマーニ以前のVTECエンジンは、高回転までどこまでも回り続けるようなスポーティな味付けのエンジンばかりでした。回転に応じて適切なバルブタイミングに可変させるというVTECは、なにもスポーティエンジンのためだけに使われるものではありません。このドマーニは、初めてVTECエンジンを低速トルク重視の実用エンジンとして使った記念すべきモデルなのです。

トランスミッション

足回りとハンドリング

前後共にダブルウィッシュボーン式サスペンションが装備されます。

足回り

少し引き締まった印象のある快適な乗り心地です。直進安定性が高く、高速走行でも安心してアクセルを踏むことができます。

ハンドリング

最小回転半径が小さく、狭い場所でも簡単に切り返すことができます。

素直でシャープなハンドリングフィール。運転の「楽しさ」と「しやすさ」が見事にバランスしています。

評価のまとめ

バランスの良いシビックフェリオのコンポーネントをそのまま使い、オーソドックスな背の高いパッケージングで仕立て直された使い勝手の良いセダンです。

コンパクトなボディでありながら、乗員をアップライトな姿勢で座らせているため、室内には広々とした余裕があります。低速トルク重視のVTECエンジンと、快適な乗り心地、素直なハンドリングを持つ理想的なセダンです。

ただし、スタイリングまで真面目すぎてしまい、面白さや色気に欠けるのがちょっと気になります。ホンダらしいカッコ良いスタイリングの提案があれば、歴史に残る名車となったかもしれません。

価格

新車当時の価格 | 1,735,000円

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)