VW ヴェント GLi(1992年)【旧型レポート】合理的な実用車 [E-1H2E]

今回の旧型レポートは「VW ヴェント GLi(1992年)」。
1992年に登場した4ドアセダンです。

ゴルフ3のプラットフォームをそのまま使い、リアアクスル以降にトランクスペースが加えられています。

実質的には先代ジェッタ(2代目)の後継車となりますが、アメリカでは先代ジェッタが好評であったため、そのまま3代目ジェッタとして発売されています。

スポンサーリンク

外観

全長4370mmX全幅1695mmX全高1420mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2475mmとなります。

3代目ゴルフのスタイリングに、そのままトランクスペースをくっつけたような3ボックスフォルムです。アクティブで若々しいイメージのゴルフに、トランクを付けるだけでこんなにも地味~な車になるんですねえ。

フロント

がっしりとした重量感のあるフロントノーズに、角型のヘッドライトが装備されます。合理的な車にふさわしい真面目なスタイリングです。

サイド

サイドビューには、「ゴルフにトランクをくっつけた」というこのヴェントの出自が端的に現れています。ハッチバックを前提に開発されたボディに、無理やりトランクを増設しているので、どうしてもアンバランスな感じは拭えません。

リア

ハイデッキ化されたリアエンドに、どっしりとした角型のリアコンビランプが装備されます。この縦に長いリアエンドは当時のどの車とも似ておらず、ひときわ異彩を放っていました。

スポンサーリンク

内装

機能的に整理された清潔なインテリアデザインです。大きな2眼メーターが装備され、視認性も良好です。

シート

先代ゴルフと比べると僅かに劣るものの、依然としてクラストップレベルの上質なフロントシートです。がっしりとしたフレームにコシのある上質なクッションが詰め込まれ、長時間に渡ってしっかりとドライバーの身体を支えてくれます。

リアシートの快適性もフロントシートに全く劣りません。ボディが拡大されたことで、頭上、足元空間ともに適度な余裕が確保されています。

荷室

ゴルフから大きく全長が拡大され、リアエンドに広大な荷室を確保。そのため、家族4人で2泊3日程度の旅行であれば楽々とこなせます。

静粛性

荷室と室内がしっかりと区切られる「セダンボディ」が採用され、室内の静粛性はゴルフより僅かに向上しています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1984ccの直列4気筒SOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、115ps/5400rpmの最高出力と、16.6kgf・m/3200rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1180kg。10モード/10・15モード燃費は、8.5km/lとなります。

エンジン

2.0Lのシングルカムエンジンで、前輪を駆動。たっぷりとした低速トルクを持つ実用的なエンジンです。街中など平坦路であれば、パワーが不足してモタモタする事はありません。

トランスミッション

欧州のドライブモードに合わせてセッティングされているため、日本で常用される40~60km/hの速度域では、絶えず3速~4速を行ったり来たりして落ち着きません。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備され、前後ともにスタビライザーで強化されます。

足回り

穏やかで快適な乗り心地です。高剛性ボディとストロークの長いサスにより、段差での衝撃はきれいに遮断されます。

高速域では、ひとクラス上の高い安定性を示します。座り心地の良いシートと相まって、快適な乗り心地です。

ハンドリング

ゆったりとした落ち着きのあるハンドリングフィール。操舵に対して素直に車体は反応しますが、スポーティなキビキビ感はありません。

評価のまとめ

ゴルフとヴェントは実質的に同じ車であるにも関わらず、僅かなデザイン上の違いによって全く違った印象を持ちます。ゴルフは、活動的で若々しいイメージ。対するヴェントは、実直で合理的、大きな変化を嫌う保守的なイメージがあります。

このVWヴェントには、ゴルフ3同様のしっかりした車づくりが行われています。そのため、定期的なメンテナンスと消耗品の交換をケチらずに行っていれば、いつまでも長く乗り続けることができます。自動車を「人と物を運ぶ合理的な道具」として捉えている人にピッタリな実用車といえます。

価格

新車当時の価格 | 3,020,000円

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)