正しいドライビングポジションが一番カッコイイ【運転のコツ】

運転する男性

自動車教習所では、運転をする前に正しいドライビングポジションを教わります。しかし、街中で実際に車を運転している人を見ると、極端に前のめりになってステアリングを抱えるように運転する人や、逆に背もたれを極端に倒してふんぞり返りながら運転をする人など様々です。

不思議なことにこういった特殊なドライビングポジションを取る人は、イライラとした運転で少しでも隙があればノーズをねじ込んで前に出ようと追い越しを繰り返したり、ちょっとした事で起こってブーブーとクラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めて前車を煽ったりするマナーの悪い車が多いです。

ひょっとしたら本人はカッコいいと思ってやっているのかもしれませんが、全然そんな事はありません。滑稽に見えたり、「ああ、ちょっとアレな人だな」と警戒されるのがオチです。

今回は、そういった極端なドライビングポジションについて、具体的に何が問題なのか述べながら、正しいドライビングポジションの効果とカッコよさについて解説します。

スポンサーリンク

ステアリングを抱え込むようにして運転する人

ステアリングを抱え込むようにして運転する人は、少しでも人より前に出てやろうと、顔を突き出して必死の形相です。中には自分の運転や車両感覚に自信が無く、ちょっとでも目の前の情報を得ようと首をフロントガラスギリギリまで突き出している人もいます。

しかし、時速40km以上で走る車の数十センチ手前を頑張って見ても、得られる有益な情報など何もありません。逆に大きく周りを俯瞰して見ることができず、得られる情報量も小さくなります。ステアリングとドライバーが近ければ、肘周りの適度な余裕が失われ、咄嗟の時のスムーズなステアリング操作が出来ません。エアバッグが近すぎて、正常な機能を発揮できない場合もあります。

特にカッコ悪さは致命的です。イライラした感じとか、運転に不慣れな感じ、野暮ったい感じを同乗者や周りの人に与えてしまいます。同乗者が恋人や気になる異性の場合は絶対にやってはいけません。

スポンサーリンク

後ろにふんぞり反るようにして運転する人

背もたれを大きく倒し、後ろにふんぞり反るようにして運転する人の場合は、遠く離れたステアリングを操作するため腕も限界までピーンと伸びています。極端な場合はステアリングを両手で握ることができず、片手運転をする強者までいるほど。こういったドライバーは自分が一番偉いとでも思っているのか、ちょっとした事でブーブーとクラクションを鳴らしたり、制限速度+αで走る車を煽ったりするのが特徴です。

このようなドライビングポジションでは、腕が伸び切っているため咄嗟の時に俊敏で正確なステアリング操作ができません。また、上体がのけぞっているため、ブレーキを力強く踏むことも苦手です。アイポイント(目線)が後ろに下がり高さも低いため、得られる視覚情報も大きく制限されます。

加えてこのようなドライビングポジション好む人は、古くて大きな高級車が大好きです。大型車はただでさえ車両感覚が掴みにくいのに、自分から進んで視覚情報を制限するなんて自殺行為もいいところです。

もちろんカッコよさの観点から見ても、無理に背伸びしてエラソーに見せてるとか、なんであの人は寝ながら運転してるの?などと奇異な目で見られるのがおちです。

スポンサーリンク

正しいドライビングポジションの効果

これに対して正しいドライビングポジションは、前後左右の幅広い視覚情報を効率よく得ることができます。ブレーキやステアリング操作も素早く正確です。万が一事故に遭った時も、体がシートにしっかりと固定されているため、エアバックが効果的に働き被害を最小限に抑えてくれます。

見た目に関しても、手足に適度な余裕があり、背筋もスッと伸びているため非常にカッコいいです。一部のスポーツカーや高級車の場合、ドライバーがどの位置に座ると一番カッコよく見えるか、計算してレイアウトを決めている事があります。こんな車に間違ったドライビングポジションで乗ればせっかくのカッコよさが台無しです。

何よりも正しいドライビングポジションを取れば、運転が上手そうに見えます。同乗者も安心してあなたの運転に身を任せるでしょう。

正しいドライビングポジションの取り方

正しいドライビングポジションを取るのは簡単です。正しい知識を元に何回か練習すれば誰でもすぐに出来るようになります。

まずシートに腰掛けたら、自分の腰をシートの一番奥まで押し込んでください。次に背もたれを立ち気味にお越し、背筋を無理なく自然に伸ばして座ります。少し背もたれにより掛かるくらいが、ちょうどいい背もたれの角度です。

後はステアリングの一番上を両手で握り込み、肩が背もたれから浮き上がらない程度にシートの前後調整やステアリング位置の前後で合わせてください。

この上体でブレーキペダルをしっかりと奥まで踏み込めれば、正しいドライビングポジションが取れていることになります。

参考:「【運転のコツ】正しいドライビングポジション

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)