急に路地から飛び出してくる「自転車」に注意!【運転のコツ】

市街地の自転車

自転車は特に特別な免許を必要としないため、交通ルールを詳しく知らない人が勝手気ままに運転して、非常に危険な状況を作り出すことがあります。

その中でも特に注意が必要な自転車は、遊びに夢中になっている子供です。こういった子どもたちは、周りの自動車の事など眼中に無いため、急に細い路地から飛び出してきて、ドライバーをぎょっとさせることがあります。

また、自転車に限らず路地から急に飛び出す子どもは多く、「ボールが飛び出してきたらその後に子供が続けて飛び出してくる」という話も有名です。

そこで今回は、こんな急に路地から飛び出してくる自転車や子供について、どう予測して対処すればいいのか詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

路地から飛び出してきた子供の後をすぐに横切ってはいけない

子供が自転車で細い路地から急に飛び出してきた時、「危ないな~」と思いながらすぐその後を横切ってはいけません。

というのも、自転車の子供の後には何台かの友達が列をなして走っている事が多いからです。しかも、先頭の自転車が急に飛び出してきたなら、それに続く自転車も大概全速力で走っているものです。こういう子供の自転車に遭遇したら、その後の友達が通過するのをしばらく待ってから横切るのが無難です。

スポンサーリンク

一旦停止では、一旦停止した後ジワジワと進む

市街地の一旦停止では、住宅の外塀が邪魔になって左右の安全を直接目視することができません。こういった場所ではカーブミラーが設置されていますが、子供の自転車はすばしっこく物陰から突然飛び出してくるため万全とはいえません。

そのため、こういった一旦停止のポイントでは、停止線からそのまま一気に加速するのではなく、一旦停止した後、住宅の外塀からノーズが出るところまでジワジワと進んでください。ノーズが少し見えれば、子供は本能的に停止するかかわしてくれます。

ここで子供の存在に気づいた場合は、そのまま停止して子供を先に通しますが、子供がいない場合もそこから一気に加速するのではなく、直接目視できる場所までジワジワとさらに前進します。左右を目視できる場所まで前進したら、ここで左右の安全を確認し緩やかに加速して走り始めます。

スポンサーリンク

早朝の新聞配達の自転車にも注意!

子供の自転車も危険ですが、それと同じくらい危険なのが早朝の新聞配達の自転車です。こういった人たちは少しでも早く新聞を配ろうと、全速力で自転車を走らせています。また、かごには多くの新聞を山積みにしているため、前方の視界も最悪です。

加えて、早朝の時間帯は車がほとんど走っていないため、安全確認もそこそこにノンストップで走り抜けている人がほとんどです。

なぜこんなに急いで配っているのかというと、秋ろーも学生時代、新聞配達のバイトをしていたから分かるのですが、早く新聞を配らないとお客さんから叱られたり店長に叱られたりといった事があるからです。

こういった新聞配達の自転車との接触を避けるには、子供の自転車の時と同じ注意点とともに、早朝の4時から7時くらいの間は特に気をつけて運転する事が大切です。

「ひょっとしたら、この路地から自転車が飛び出してくるかもしれないぞ」と予想しながら走るだけで、事故の可能性を大きく減らすだけではなく、万が一の時、咄嗟の対処をスムーズかつ確実に行うことができます。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)