ドアミラーで正確な距離感をつかむための工夫3つ【運転のコツ】

ドアミラー

ドアミラーによって後続車両との距離感を正確に把握しておけば、混雑した市街地であってもスムーズかつ安全に走ることができるようになります。

そのためには、まずドアミラーの正しい調整を行うことが大切です。ドアミラーをいい加減に合わせてしまうと、正確な距離感を把握することができず、ギクシャクとした危険な運転となりかねません。

スポンサーリンク

ドアミラーには自車のリアフェンダーを映り込ませる

はじめにドアミラーの横方向の調整から行います。ミラーにリアフェンダーが少し映り込むくらいに調整してください。リアフェンダーが映り込むことによって、他の車と自分の車の位置関係を正確に把握することができるようになります。これに対して、自分のリアフェンダーが写り込んでいない場合は、ミラーに映る情報自体は増えますが、自車と他の車との距離感が全くつかめなくなってしまいます。

スポンサーリンク

ドアミラーに白線を入れることによって距離感をつかむ

次にドアミラーの上下方向の調整を行います。地平線を基準に空が1/3くらい、道路が3/2くらい映り込むように調整します。通常、地平線が見える場所はそう多くありませんので、このへんは大体で構いません。

道路がドアミラーにたっぷりと映り込む事によって、同時にミラーに道路上の白線や文字が映り込み、自車の位置を把握するための大きな目安となります。

縦列駐車や後退駐車の際は、さらにミラーの角度を下げ、リアタイヤの一番下が映るように調整します。こうする事で、自分の車が今どの辺りに駐車しようとしているか、正確に把握する事ができるようになります。

スポンサーリンク

ルームミラーには、リアウィンドウ全体が映り込むように

ルームミラーで距離感を正確に把握するには、ミラーにリアウィンドウ全体がちょうど収まるように調整します。リアウィンドウが小さい場合は、ルームミラーの中央にちょうどリアウィンドウが入るように調整してください。

ベテランドライバーの中には、リアウィンドウの左側を中心にルームミラーに映り込ませている人がいます。しかし、距離感を正確につかむという目的に限って言えば、この調整方法は適していません。

ドアミラーで正確な距離感をつかむには、正しい位置にミラーを調整することが大切

これらの位置に正確にドアミラーやルームミラーを合わせておけば、ドアミラーの映り込む位置とルームミラーに映り込む位置の関係性、ミラーからミラーへの移動時間など、経験値を積み重ねていくことでどんどん正確な位置情報がつかめるようになっていきます。

逆にいつもバラバラの位置にミラーが調整されていれば、いつまでたっても経験値が積み上がりませんから、正確な位置情報をつかむことは困難となります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)