強引な割り込みをする車への対処【運転のコツ】

高速道路や複数の車線があるバイパスなんかを走っていると、少しでも前に行こうと、右へ左へと強引な割り込みを繰り返す車がいます。

まあ、交通量が少なくて車と車の間がスカスカなら、そんな走り方も良いでしょう。しかし、朝のラッシュアワーや休日の観光地では、車が沢山走ってるんでそんな余裕はありません。

こんな状況で突然割り込んで来られたら、かなりビックリしますし、場合によっては衝突や事故の可能性もあります。

しかも、ウィンカーは割り込みをする瞬間に「チカッ」と出す程度か、中には一切ウィンカーを出さない無法者も珍しくないです。それに加えて、急ハンドルを切るように突然進路を変えて来るんで、後続車は急ブレーキを踏んで対処するしかありません。

ということで今回の【運転のコツ】では、そんな危険で腹立たしい「強引な割り込みをする車」への対処法について考えてみます。

スポンサーリンク

割り込みを阻止する「ブロック」は危険なだけ

強引な割り込みをされた時、もしくはされそうになった時、あなたならどういう対処法でやりすごしますか?

僕が20代とかの若い時なら、そんな車がバックミラーに映った瞬間に前の車との車間をギリギリまで詰め、入れないように完全にブロックしていましたねえ(遠い目)。血の気の多い人なら、さらにクラクションで抗議するなんて人もいるでしょう。

しかし、こういった対処法は、こちらにもそれなりのリスクを伴います。相手がちょっとおかしい人だった場合は、逆ギレされてどこまでも追いかけ回されたり、信号機で停まった瞬間に車から降りてきて直接「威嚇」されるなんてこともあります。

これは僕が若い時のエピソードですが、強引に割り込んでくる相手をブロックした結果、次の信号で相手が車から降りてきて脅された(しかもそいつは手に鉄の棒を持ってた)なんてことがあります。この時は「なんじゃ!」と怒鳴り返すことで、なんとかその場をやりすごしましたが、いつもそう上手く行くとは限りません。なんといっても相手はおかしな運転を平気で繰り返しているような輩です。関わり合いになることでトラブルに発展する可能性はかなり高いと思います。

例えその場では上手くブロックできたとしても、何度も繰り返しているうちにトラブルに巻き込まれる可能性はどんどん高くなっていきます。無駄なリスクとストレスを抱え込むばかりで、あなたにとって良いことは何もありません。

もちろん、僕もブロックをしていたのは20代くらいまです。40代となった今では、逆に安全なマージンを取ってスムーズに入れてあげてます。

スポンサーリンク

強引に割り込みする車は素直に入れてあげよう

そんな時にオススメの対処法は、「素直に入れてあげる」というものです。

「それじゃあ、こちらは腹が立つばかりで、何の得もないじゃないか!」と言われそうですが、もちろん実際に何の得もありません。

だからといってこちらが何か大きな損をしているという訳でもなく、その乱暴な車が前に入った分だけちょっと自分の車が下がっただけです。到着時間にもほとんど違いは無いでしょう。

スポンサーリンク

強引な割り込みには膨大なリスクが伴う

必死で前へ前へと割り込みながら走っていった乱暴な車が、「次の信号では数台前にいた」なんて事はよくある話しです。

どうせそんな乱暴な車は、放っておいても近い将来なんらかのトラブルに勝手に巻き込まれます。あなたが何かしらの抵抗や仕返しをする必要はまったくありません。

「自分はほとんど損をしていないし、相手はちょっとだけ前に行くために膨大なリスクを背負っている」と考えると、イライラもずいぶん小さくなるはずです。

さらに、「うわーあの人いつか事故するよ、かわいそうだな」とか、「ちょっと頭がおかしいんだろうな、今日は勘弁してやろう」なんて考えれば腹立たしい気持ちも落ち着きます。もちろん、こんな事を普段の生活で相手に直接言えば角が立ちますが、ドライブ中のテクニックとして頭の中で考えるだけならなんの問題もありません。

ちなみに恋人や奥さんが同乗している時に「くそー、あのやろう!」とか、「早く入れよ!」なんて暴言を吐くとドライブ中のテクニックとしては捉えてもらえず、同乗者に嫌われる可能性があるので注意してください。

リスクを減らす具体的な対処法

「素直に入れてあげる」といっても、強引な割り込みは割り込む側だけでなく、こちらにもある程度のリスクが伴います。サイドミラーやルームミラーで強引な割り込みを繰り返す車を見つけたら、早めにアクセルを緩めて車間距離を多めに取り、いつでもブレーキが掛けられるように備えてください。

普段から適切な車間距離が取られていれば、こんな時にも慌てずに済みます。さらみ前方や左右だけでなく、ミラーを使って後方の状況を確認するクセを付けておけば万全です。特に複数車線の道を走る時は、前後左右あらゆる方向から車が接近してきますので周囲の安全確認は欠かせません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)