【運転のコツ】車のコーティング方法ごとの効果の違いを比較

自動車のボディをいつも奇麗に掃除して乗っていると、車を汚したくないという気持ちが強くなり、車を丁寧に運転するようになります。
その結果、急停車や急発進などの無理な運転が少なくなり、いつも安全な運転を行うという習慣がつきます。

また、洗車をした後にワックスを掛けておくと、さらにボディの艶が増し汚れも付きにくくなります。

最近では、洗車の後に行うワックスに替わって、「ボディーコーティング」というものが普及していますが、このボディコーティングを行っておけば、自動車の奇麗な状態をワックス以上に長く保つことができます。また、洗車自体も簡単に行うことができるようになると同時に、汚れが付きにくくなるというメリットもあります。

今回は、このワックス以上にボディの美しさを保つ力の強い「ボディコーティング」について、種類による効果の違いを「メリット」と「デメリット」に分けて比較していきます。

スポンサーリンク

ポリマー系コーティング

シリコンなどの樹脂を含んだコーティング剤です。また「ガラス系コーティング」は、この樹脂の中にガラス繊維を含んだものです。

メリット

抜群のつや出し効果を持ち、擦り傷などの小さな傷であれば簡単に消す事ができます。また、この3種類の中では一番安価です。

デメリット

コーティング効果の持続期間が短く、1〜3ヶ月程で艶がなくなります。また、洗車で強く擦りすぎると、コーティングが落ちてしまいます。

スポンサーリンク

フッ素系コーティング

ポリマー樹脂より耐久性のあるフッ素が使われています。

メリット

ポリマー系コーティングより皮膜が硬く、3〜6ヶ月程度はコーティング効果が持続します。価格も安価です。
また作業が手軽な為、自分で施行する事も可能です。細かい傷を見えにくくする効果もあります。

デメリット

市販のコーティング剤は種類が多く、性能もピンからキリまであるため、良い商品を見つけるのが難しいです。
洗車時にコンパウンド入りシャンプーを使うと、簡単にコーティングが落ちてしまいます。ガラスコーティングよりは表面が柔らかく傷が付きやすいです。

スポンサーリンク

ガラスコーティング

コーティング皮膜に、最も強度の高いガラス層を形成するコーティング方法です。

メリット

耐久性が高く、持続期間は3年以上に及びます。コーティング皮膜の強度が高いため、傷や汚れが付きにくいです。
また、普段は水洗いだけで簡単に汚れを落とす事ができます。

デメリット

性能はこの3つのコーティング方法の中でダントツですが、その分、高度な施行技術が必要となりますので、費用もそれなりに高価になります。
そのため、自分でお手軽に施行する事はできません。また、美しい状態を維持するためには、付属のキットで継続的なメンテナンスが必要になります。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)