【運転のコツ】スマートキー(リモコンキー)が電池切れした時の対処

スポンサーリンク

スマートキーの電池が切れた時は

スマートキーは携帯しているだけでドアの解錠と施錠ができる便利な道具ですが、突然電池が切れると、メカニカルキーが付いていないため、ドアの解錠やエンジンの始動が出来なくなるのではと心配になります。

実際には、そういった場合に備えてスマートキーにもメカニカルキーが内蔵されています。急にメカニカルキーを取り出そうとしても、やり方が分からずあたふたするだけですから、普段から取り扱い説明書によく目を通しておきましょう。

多くの場合、スマートキーにはメカニカルキーをロックするための、小さなボダンが付いています。このボタンを押しながら、縦に引っ張り出す事でメカニカルキーが現れます。電池が切れてスマートキーが作動しない時は、このメカニカルキーを鍵穴に入れて普通に回せば解錠できます。

スマートキーは、プッシュ式スタートボタンでエンジンを始動するようになっているので、このメカニカルキーでエンジンを掛けることは出来ません。この場合はまずスマートキーでプッシュスタートボタンに触れます。すると「ピっ」という電子音がしますので、その間にプッシュスタートボタンを押してエンジンを始動してください。エンジンを停止する場合は、通常通りプッシュスタートボタンを押すだけです。

電池切れの時のエンジンの掛け方は、メーカーや車種により様々な方法がありますので、実際に自分の車の取扱説明書で確認しておいてください。

また、電池がしっかり残っているにも関わらず、スマートキーが反応しない場合もあります。
この場合は、その場所に様々な電波が飛び交っていることが多いです。スマートキーはこの様々な電波を検出する事で、違法にスマートキーの解除が試みられていると誤認しているのです。これは盗難から車を守るための機能ですから、故障ではありません。

この場合も電池切れの時と同じように、メカニカルキーによる解錠と、スマートキーの接触によるエンジンスタートが可能です。

スポンサーリンク

電池を長持ちさせるには

スマートキーの電池を長持ちさせるには、なるべく磁気を発する電気製品の側にスマートキーを置かないようにしてください。
強い磁気を発している電気製品は、テレビや電子レンジ、携帯電話やコードレス電話などです。

また、スマートキーが2個用意されている場合は、片方を予備として奇麗なまま保管していると思いますが、電池交換の期間を長くしようとするなら、この2つのスマートキーを交互に使った方が便利です。片方の電池が切れた時に両方の電池を交換すれば、理論的には電池交換の期間を2倍にする事ができるからです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)