【コラム】初心者におすすめの車

初心者におすすめの車画像

僕が最初に買った車は中古の「三菱ギャラン」でした。
すでに新車から4年程たっていて、走行距離も5万キロくらいでした。
知り合いの中古屋から父が勝手に見つけて来て、「付き合いがあるからこれを買え」と半ば強引に買わされた車でした。
始めはそれが嫌で、大して気に入ってもいなかったのですが、これが乗れば乗る程好きになってくる、スルメのような車でした。
いろいろな所へ遊びに行ったり、彼女とデートしたり思い出の多い印象深い車です。

スポンサーリンク

新車か、中古車か

こういう初心者が始めて乗る車には、何を選んだらいいのでしょう?
周りの人に聞いても、みんなそれぞれの考えから色んな車を紹介してくれるでしょうから、かえって考えが混乱してしまいます。
始めによく言われる事ですが、中古車にしたらいいのか、新車がいいのかということがあります。
この場合、僕は新車をおすすめします。中古だから事故を起こしていいというわけではないですし、古い車を故障を心配しながら乗るのも苦痛でしょう。
中古だからといって、ぶつけたままほったらかしにする人もいないでしょう。修理する時の値段はどちらも同じです。

スポンサーリンク

大きい車か、小さい車か

次に大きい車か、小さい軽自動車かという事があります。
大きい車はぶつけた際の安全性が高いというメリットがあり、小さい車は、車両間隔の曖昧な初心者でも運転しやすいというメリットがあります。
僕のアドバイスはどちらでもありません。1L位のエンジンを積むコンパクトカーをおすすめします。
それこそクラウンのような大きな車は手に余るでしょうし、軽自動車が安全になったとはいえ、やはり普通車とは比べものになりません。
新車のコンパクトカーでしたら、最新基準の衝突安全性もクリアしているでしょうし、軽自動車よりも大きいとはいえ、コンパクトなサイズですからすぐに車両間隔も身に付きます。

スポンサーリンク

具体的なおすすめの車

それでは、具体的にどんな車がいいのでしょう。
僕が今初心者だとしたら、「マツダデミオ」を買います。
他の人にすすめるとしたら、「トヨタヴィッツ」「ホンダフィット」「スズキスイフト」などもいいと思います。
マツダデミオはコンパクトカーとしては質感も高く、素直な運転感覚を持っています。
この、人間の操作に対して、素直で気持ちいいというのは初心者には特に大事な要素で、車がその人の技量を育てるという側面があります。

またスポーツカーが好きなら、「マツダロードスター」もいいです。
これで4年間の学生生活を送れるとしたら、さぞ楽しいでしょう。
車を買うというのは、その後数年感のライフスタイルを変えてしまう位の影響力があります。
僕のアドバイスよりも「私はこれに乗りたいんだ」という強い気持ちで選んでも間違いはないでしょう。

契約する前に試乗をしよう

それから、車を買う前には必ず「試乗」をしてください。
自動車ディーラーへ行き慣れていないと、ちょっと敷居が高いかもしれませんが、この後何年も乗る車ですからじっくり選んでも損はありません。
そんなに混雑していない時であれば、快く試乗させてもらえると思います。
逆にこの時点で、ぞんざいな扱いを受けるようであれば、そのディーラーの程度が低いということですので、そのディーラーから車を買わない方がいいでしょう。

また、可能であれば普段の道を走って、自分の家の車庫に車を入れてみてください。
自分の家に停められないような車を買うと、後で大変です。
自宅まで試乗できない場合でも、車庫の大きさを測ることで、おおよその検討はつきます。
その時は念のため、車に乗っている人にアドバイスをもらえば間違いありません。

具体的に車種ごとの解説ページを追加しました。合わせて「【コラム】目的に合った車を選ぶ(ボディ形状の違いによる車種一覧)」のページも御覧ください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)