三菱 ディオン エクシード【試乗評価】乗用車ライクな乗り味とハンドリング、高効率なパッケージングを持ったバランスの良いミニバン [GH-CR9W]

スポンサーリンク


今回の試乗レポートは「三菱 ディオン エクシード」。
2000年から2006年に渡って製造販売されていた、小型5ドア・ミニバンです。

三菱ディンゴをベースにホイールベースを拡大、3列シートを装備して7人が乗れるようになっています。

スポンサーリンク

外観

全長4460mmX全幅1695mmX全高1650mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2705mmとなります。

ボディパネルがしっかりと切り立ったボクシーなスタイリング。なんとなくユーモラスな雰囲気もあり、親しみやすいデザインです。

フロント

ミニバンとしてはちょっと長めのフロントノーズに、角型の大きなヘッドライトが装備されます。ちょっとのんびりした印象のフロントフェイスです。

サイド

全高が高くサイドパネルの大きなスタイリングです。「トヨタ・ボクシー」などの一般的なミニバンと違ってフロントノーズが長いため、ステーションワゴンのような伸びやかさが感じられます。

リア

四角い大きなリアエンドに、角型のリアコンビランプが組み合わされます。角にゆったりとした丸みが与えられているため、ボクシーな形状でありながらゴツゴツとした道具感は希薄です。

スポンサーリンク

内装

内装にはベースとなった「ディンゴ」と共通のデザインが与えられます。直線基調で構成された道具感あふれる明快なデザインです。三菱自動車にしてはメーターが小さめですが、視認性に問題はありません。

延長されたホイールベースと背の高いボディによって、室内には広々とした空間が拡がります。

シート

フロントシートにはしっかりとしたストロークと適度なコシがあり、長時間ドライブでも快適にこなすことができます。

セカンドシートはちょっと薄型でストロークも少なめです。3人乗りのベンチシートですが、シートの中央が少し盛り上がっているため実際には2人乗り用と考えたほうが無難です。バックレストを折りたたむと小型テーブルとして使うこともできます。

サードシートは座面とフロアの段差が少ないため、体操座りのように窮屈な姿勢を強いられます。クッションの厚みもそれほどありませんので、緊急用シートとして割り切った使い方がオススメです。

荷室

サードシートを一番後ろまで下げると荷室スペースはほとんどありません。ただし、サードシートのバックレストを折りたたむことで、たっぷりとした容量の荷室を作り出すことができます。さらにこのサードシート自体を取り外して、容量を拡大することも可能です。

家族4人の使用であれば、この状態のまま4人乗りミニバンとして使った方が便利です。

静粛性

エンジンのノイズがしっかりと抑えられており、室内の静粛性は上々です。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1997ccの直列4気筒DOHCエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、135ps/5800rpmの最高出力と、18.7kgf・m/3500rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1400kg。10モード/10・15モード燃費は、–km/lとなります。

エンジン

2.0Lのツインカムエンジンで前輪を駆動。低速からしっかりとしたトルクを発生する直噴エンジン(GDI)によって、出だしから中高速域まで力強い加速感があります。アクセル操作に対して出力されるトルクが絶妙で、数値性能以上の使いやすさを感じさせます。

トランスミッション

トルコン式の4速ATを装備。フラットな低速トルクを発生するGDIエンジンと相まって、エンジン回転を低めに保ちながらスムーズに走ります。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

足回り

ストロークのたっぷりとしたサスに上質なあたりの良さが施された、快適な乗り心地です。路面の凹凸ではサスがしっかりと働いて、フラットな姿勢を維持します。高速域での安定性も高いです。

ハンドリング

ミニバン離れした乗用車のようなハンドリング。ドライバーの狙ったラインを正確に描きます。キビキビとした過敏さはありませんが、素直で運転のしやすい車です。

評価のまとめ

5ナンバーサイズのボディに効率の良いパッケージングが施され、室内には広々とした空間が拡がります。

加えて、トルクフルなエンジンに賢いトランスミッション、素直でコントロールのしやすいハンドリングが組み合わされバランスの良い車に仕上がっています。

その中でも特に素晴らしいのが、芯のある上質な乗り味です。小型ミニバンにありがちな落ち着きの無さや安っぽさは微塵もありません。

「普段は通勤や子供の送り迎えに使い、週末は家族でドライブやレジャーに出かける」といったニーズにピッタリとはまるミニバンです。

また、「ミニバンであっても、乗用車ライクなハンドリグや乗り味は外せない」という人にもオススメしたい車です。

価格

新車当時の価格 | 1,848,000円

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)