バッテリーを調子よく長く使うための小技【点検とメンテナンス】


電気のイメージ

バッテリーは自動車の電装系に電気を供給するために、無くてはならない需要なパーツです。

しかし、定期点検をさぼって劣化したバッテリーをそのまま使い続けていると、ある日突然バッテリーから電気が供給されなくなり、エンジンを掛けることさえ出来なくなってしまいます。

こんな事を事前に避けるためには、定期的な点検を行い、バッテリーが劣化してしまう前に新しいバッテリーと交換するしかありません。

スポンサーリンク

突然のバッテリー上がりは、発電機の故障を疑う

さっきまであんなに元気よくセルモーターが回っていたのに、急にバッテリーが上がって回らなくなってしまったという場合は、バッテリー自体の劣化ではなく、発電機の故障や不具合が疑われます。

このような場合は、安易に新しいバッテリーと交換するのではなく、至急ディーラーか整備工場へ連絡して点検を受けてください。

スポンサーリンク

バッテリーは3年程度のスパンで交換する

自動車用のバッテリーはよほど過酷な使い方をしない限り、定期的な点検とバッテリー液補充を行うだけで、4年程度は十分持つように設計されています。

しかし、寿命末期になると性能がだんだん低下してきて、いつバッテリーが使えなくなるか予想が付きません。そのため、いつも快調な状態でバッテリーを使い続けるためには、余裕を持って3年程度のスパンでバッテリーを交換する事が必要です。

スポンサーリンク

劣化したバッテリーを見抜くには

バッテリーが劣化してくると、次のような分かりやすい症状が車に現れます。

  • ウィンカーの点滅がいつもより遅い時。
  • ウィンカーと室内灯を同時に点けている状況で、室内灯がウィンカーの点滅に合わせて暗くなる場合。
  • エンジン始動のためにセルモーターを回した時、「いつもと違ってセルモーターに勢いが無いなあ」と感じる場合。
  • ヘッドライトが薄暗くなった時。
  • アクセルを踏み込むとヘッドライトが暗くなる時。

このような症状が現れた場合はバッテリー液が不足しているか、バッテリーが寿命を迎えている可能性が高いです。バッテリー液が不足している場合はバッテリー液を補充し、バッテリー自体が寿命を迎えている場合はなるべく早めに新しいバッテリーと交換してください。

近くにガソリンスタンドも何も無い状況でバッテリー液が不足した場合、普通の水をバッテリーに補充する事でしばらく車を走らせることができます。ただし、これはあくまでも緊急避難的な措置ですから、なるべく早めに新しいバッテリーと交換する必要があります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)