シリコングリースとは(概要と使い方)【ケミカル用品の紹介】


シリコンを配合したシリコングリースには、ペーストタイプやスプレータイプなど様々な商品が販売されています。

このシリコングリースを機械の可動部分などに塗り込むことで、長期間に渡って潤滑効果を発揮することができます。

スポンサーリンク

シリコングリースとは

ペーストタイプは垂直な箇所にグリースを塗りつけても垂れにくく、スプレータイプは均一に吹き付ける時に便利です。

呉工業から発売されている「シリコングリースメイト」は、耐熱温度が-50度~250度までと幅広く、高温になるブレーキの可動部などにも使うことができます。

その他にはディスクブレーキのOリング、ブレーキパッドの可動部、各種ケーブル類の潤滑用途に適しています。

耐水、耐熱、耐寒性にすぐれており、過酷な条件の中で稼働している機械類にも幅広く使うことができます。加えて酸化安定性、機械的安定性にも優れており、長時間に渡って効果を持続する事ができます。

自動車以外の用途としては、自転車のギアやチェーン、釣り道具の可動部分、カメラ、換気扇、電化製品などの可動部分に幅広く使うことができます。

成分に油分を含まないので、プラスチックやゴムなど油分に弱いパーツにも安心して使うことができます。

スポンサーリンク

シリコングリースの使い方

ブレーキ可動部、ブレーキキャリパーのスライドピン、ドラムブレーキの可動部などブレーキ周りに使う時は、スプレータイプではなくペーストタイプを使ってください。スプレー式ではブレーキパッドなど余計な場所にグリースが広がり、十分な制動力を妨げる可能性があります。

ブレーキ可動部やドラムブレーキ可動部に給油する時は、人差し指に適量のシリコングリースを取り可動部の隙間に塗り込んでいきます。

ペーストタイプのシリコングリースには、適度な粘度があるため多少塗りすぎた位で垂れることはありません。

ブレーキキャリパーのスライドピンのように分解できるパーツの場合は、パーツを分解した後、指にシリコングリースを適量取り、スライドピンにまんべんなく塗り込みます。

スポンサーリンク

使用上の注意点

ペーストタイプのシリコングリースの場合は、多少塗りすぎた位で垂れることはありませんが、他のパーツにグリースが広がってしまった場合は拭き取っておいた方が無難です。

スプレータイプの場合は、スプレーする前に新聞紙やウェスなどで他のパーツをカバーしておきます。万が一他のパーツにシリコングリスが広がった場合は、きれいに拭き取っておいてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)