【運転のコツ】適正な車間距離を開けて停止する


スポンサーリンク

急激に前車に近づかない

他の人の運転する車に同乗していると、自分の運転する時と車間距離の感覚が大きく違いっていて戸惑うことがあります。
たとえば前車が減速しているのに、急激に前車に接近したりされると、もしかしてぶつかるのではないかと感じ、怖くてドライブどころではありません。
こんな時ちょっと注意しようにも、なかなか気を使って言い出せずに困ってしまいます。

ところが自分が運転する段になると、そんな事も完全に忘れてしまいます。前車が減速するのに合わせて、距離を急激に詰めながらブレーキを掛ける人も多いのではないでしょうか。
これでは同乗者も怖くて、のんびりドライブを楽しむ余裕などありません。

このように前車との間を空けずに減速していると、高速道路などで後続車が追突してきた場合には、あなたの車は前車と後車の間に挟まれて、大きくつぶれてしまいます。
こういう場合は、前車との距離を一定に保ったまま、ゆっくりと減速するのが安全です。

前方にしっかりとスペースがあれば、後方から車が迫ってきても回避できる可能性が増えます。万が一追突された場合でも、衝突の衝撃は前方のスペースで吸収され、サンドイッチにされる可能性も減少します。
同乗者に与える恐怖感もなくなり、同乗者も安心してドライブを楽しむことができます。

スポンサーリンク

車列から出られるスペースを残して停まる

では完全に停止するときは、どの程度車間距離を開ければいいのでしょう。

これは教習所でも教えてもらっていると思いますが、前車のタイヤが見えるか見えないかの位置で停車するのが適正な車間距離です。
この距離があれば、万が一前車が故障して動けなくなったとしてもも、後退することなく車列を抜ける事ができます。

ただ、トラックやSUVなど目線の高い車は、路面を見下ろしているために普通車のドライバーより車間が長く見えます。
この事を意識していないと、前車に近づき過ぎてしまい大変危険です。また前車のドライバーにも不要な圧迫感を与えてしまいます。

普通車の場合も、前方がオートバイの場合は、やはり距離が遠く感じられついつい近づきすぎてしまいます。
特にオートバイは外気に直接身体をさらしているため、後ろの車が異様に近づいてくると強い恐怖を感じてしまいます。この事を頭に入れておき、オートバイにも近づき過ぎないように注意してください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)