新型レクサス CT 200h ハイブリッド【試乗評価】手頃なサイズ感と上質感が魅力 [DAA-ZWA10-AHXBB(F)]

今回は「新型レクサス CT200h F SPORT」を試乗レポートいたします。
レクサスCTは、2011年に発売されたブランニューモデルです。レクサス初の、Cセグメントハッチバックとなります。
プリウスやオーリスと同じ、新MCプラットフォームが使われています。また2014年にマイナーチェンジを受けています。

スポンサーリンク

外観

全長4350mmX全幅1765mmX全高1460mmのボディサイズを持ちます。またホイールベースは2600mmとなります。

マイナーチェンジでバンパーのデザイン変更と合わせて、スピンドルグリルを採用されています。
前期型と同じ形のヘッドライトの間に、びっくりするくらいピッタリと新しいスピンドルグリルがはめ込まれています。
CT開発当初からスピンドルグリルに変える予定があったのかな、と邪推してしまうほどです。

サイドから見ると、ベースとなったオーリスとシルエットが良く似ています。
オーリスより全長と全幅が広がり、全高が低められてワイド&ローなフォルムとなっています。
また、Cピラーがかなり前進しているので、目の錯覚でCTのキャビンはかなり小さく見え、スポーティな印象です。
アルミホイールはF専用のデザインが与えられています。

後部のマイナーチェンジによる変更は最小限で、リフレクター周りにダイナミックな造形が施されているくらいです。
それにより、前期型以上に端正で引き締まったスポーティ感があります。

スポンサーリンク

内装

車内に乗り込んでドアを閉めると、ドンという重厚な音で車内が密閉されます。ただ、他のFR系レクサスと比べると若干物足りない音です。

内装のデザインは他のレクサス系と共通する、緻密で精度の高い上質な仕上がりです。
オーリスの奇妙でまとまりの無いデザインの面影はありません。

フロントシートはサイズもたっぷりで、分厚い構造をしています。ホールド感も適正で、身体を適度に支えてくれます。
体圧が過度に集中するような事もありませんので、長距離でも快適に移動することができます。

後席はルーフが絞り込まれているため頭上空間に余裕がなく、またCピラーも前進しているため、視界が遮られて閉塞感があります。

オーリスと同じプラットフォームながら、遮音材がたっぷりと詰め込まれており、車内の静粛性は段違いに高いです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.8L直列4気筒DOHCエンジンと、電気式無段変速機が組み合わされます。
エンジンは、99ps/5200rpmの最高出力と、14.5kgf・m/4000rpmの最大トルクを発揮します。
また電気モーターは、82psの最高出力と、21.1kgf・mの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、26.6km/lとなります。

先代のプリウス用ハイブリッドシステムが、ほぼそのまま使われ、数値的にもまったく違いはありません。ただし駆動電圧が500Vから650Vに高められており、プリウスよりスムーズでスポーティな印象を受けます。
また、電気モーターだけで走るEVモードでは、プリウスよりモーター音が静かです。

振動、遮音、吸音で100カ所の改善が行われており、プリウスやオーリスより上質感が増しています。

活発というほどではないですが、街乗りでは必要十分の動力性能です。ただ中高速ではパワーが頭打ちとなり、いくら回してもトルクの盛り上がりは得られません。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソンストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションが装備されます。
前後共にスタビライザーで強化されています。

スポット溶接の増設と、構造用接着剤の採用で格段にボディ剛性が向上しています。
それにより、足回りのセッティグの自由度が上がり、サスの潜在力が存分に引き出されています。

素直かつ正確なハンドリングで、ドライバーの意図を先読みしているかのような、忠実なライントレース性を持ちます。

またこの高剛性ボディと新しいパフォーマンスダンパーが組み合わされ、引き締まっていながらも角の丸いしなやかな足回りです。
これはクラス平均以上の質感で、上級のレクサスISに迫る乗り心地です。

評価のまとめ

以前はCTを街で見掛けても、他のレクサスシリーズより控えめな印象で、高級車ならではの押し出し感も希薄でした。

しかし、実際に乗ってみるとベースのオーリスと異なり、しっかりとレクサスのクオリティが保たれています。
マイナーチェンジでフロントがフェイスリフトされ、押し出し感も増しています。また日本で使うにはぴったりのサイズ感も、他のレクサスには無い魅力です。

中でもこのFスポーツは、乗り心地の上質感とスポーティな身のこなしを持つオススメのグレードといえます。

価格

価格 | 4,331,000円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)