頑固な水垢には「コンパウンド入りワックス」や「液体コンパウンド」がオススメ!【DIY】

レガシィのボディとウェス

車を何度も洗車機や手洗いで洗っていると、除々に水垢が蓄積していきます。

この水垢は、水に含まれるアルカリ成分や大気中のゴミ、脂分などが化学的に結びついてボディ表面にこびりついた状態です。

そのため、通常の洗車機や手洗いで手軽に落とすことはできません。

スポンサーリンク

水垢落としには「液体コンパウンド」

こういった場合は、超微粒子コンパウンドの配合された「液体コンパウンド」を使います。もしくは「コンパウンド入りの半練りワックス」でも構いません。コンパウンド入りの洗剤(シャンプー)という商品もありますが、こちらは少し磨き効果が劣ります。そのため、じっくりと何度かに分けて水垢を取りたいといった場合は、コンパウンド入りの洗剤でも構いませんが、今すぐに水垢を落としたいといった場合には、「液体コンパウンド」か「コンパウンド入りの半練りワックス」を使ってください。

「液体コンパウンド」には、「キズ消し用」「仕上げ用」「鏡面仕上げ用」と、磨き行程に合わせて何種類かのコンパウンドが用意されています。

これを「キズ消し用」から順番にキレイな布に取り、優しくボディ表面に塗り込んでいきます。詳しい使い方については、以前の記事を御覧ください。

参考:【DIY】水垢の取り方と洗車傷の消し方

スポンサーリンク

「液体コンパウンド」施工のコツ

「液体コンパウンド」は、水垢と共にボディ表面も削り取ってしまいます。そのため施工する際はなるべく優しく、力を入れすぎないように均一な力で薄く伸ばしていきます。

コツとしては、ボディ側面から始めることです。ボディ側面であれば、余計な力が掛かりにくいので、慣れない内でも比較的キレイに塗り込むとこができます。そのうち徐々に力の加減も分かってきますので、ボンネットやルーフなど、平面部分にもキレイに塗ることができるようになります。

スポンサーリンク

頻繁な施工は厳禁!

上手に施工できたからといっても、ボディ表面は徐々に削れていきます。あまり頻繁にコンパウンドを掛けると、クリア層が削れてしまい、ボディの表面からツヤツヤとした輝きが失われてしまいます。

こういった事を避けるには、ボディになるべく水垢が付かないようにするしかありません。普段は屋根付きのガレージに停めておき、ボディが雨で濡れたらすぐに洗車するというのが理想です。

といっても多くの人は、そんなに洗車のために沢山の時間を取れる訳ではありませんし、豪華な屋根付きガレージを購入できる人も限られています。

水垢を防ぐには

そんな時に有効なのが、ボディ表面に薄い保護層を形成するコーティングです。安いコーティングなら2万円くらいからあります。これを車検ごとに施工すれば、常に新車の輝きを維持する事ができます。

「ボディーコーティングなんて贅沢すぎる!」という人には、カーショップなどで販売されている、「液体コーティング」がオススメです。

業者が施工する本格的なコーティングほどの耐久性はありませんが、3ヶ月ごとに自分で施工すれば、十分なボディ保護効果を得ることができます。

ちょっと手間は掛かりますが、この「液体コーティング」と「超微粒子コンパウンド」を併用すれば、DIYでも常に新車の輝きを維持することが可能なのです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)