タイヤが側溝に落ちて脱輪した時の脱出法(FF及びFRの場合)【運転のコツ】

ビートルのタイヤ

狭い路地で大きな車とすれ違う時、相手が下がってくれない時や、自分が後退しても退避するような場所が無い場合は、道幅ギリギリまで車を寄せてすれ違うしかありません。

こういった時、車両感覚があやふやな状態で車を寄せていくと、側溝にタイヤを落として動けなくなってしまう事があります。

スポンサーリンク

前輪駆動車(FF)や全輪駆動車(4WD)の場合

前輪駆動車(FF)や全輪駆動車(4WD)の前輪が脱輪している場合は、レッカーや他の人の助けを借りることなく、側溝から自力で脱出できる場合があります。

まず車から一度降り、前に脱出するか後ろに脱出した方が早いか、タイヤの状態を見て判断します(※判断方法については後で述べます)。

次に運転席に戻ったらハンドルを脱出方向に切り、力を入れて側溝の内側にタイヤを噛ませます。

例えば、右前輪が脱輪している場合、前に脱出するなら左にハンドルを切って、側溝の壁に強くタイヤを押し付けます。後ろに脱出する場合は、右方向にハンドルを切ります。

この状態で力を入れてハンドルを維持したまま、マニュアルの場合はギアを1速に入れて、半クラッチを使いながらジワジワとアクセルを煽ります。

うまくタイヤが側溝に食いついていれば、自然に車体は道路の方へ引き上げられるはずです。

AT車の場合は、ギアを一番低いギア(出来れば1速)に入れて、ゆっくりとアクセルを煽ります。

※前に脱出するか後ろに脱出するかの判断については、ハンドルを切った時、どちらが深い角度で側溝の壁にタイヤを食い込ませられるかどうかで考えます。

スポンサーリンク

人間の力で持ち上げて脱出する場合

FR車の場合は、前後どちらが脱輪しても自力での脱出は困難です。JAFを呼ぶか、周りの車に助けを求めるしかありません。FF車の後輪が脱輪した場合も同様です。

周りの車に助けを求める時は、人力で引き上げるか、けん引ロープで他の車に引っ張ってもらいます。

人力で引き上げる場合は、成人男性が4、5人いれば充分に持ち上げる事ができます。ただし、車のボディは人が手をかけて持ち上げるように出来ていません。迂闊に手を突っ込むと、ボディパネルで手を切る事があります。出来れば軍手を付けて持ち上げてほしいのですが、軍手が用意できない時は、ボロ布などを手に一枚挟んでから持ち上げるようにしましょう。

また、車側にも衝撃に弱いパーツがあります。ナンバープレートや後付パーツなどを掴んで持ち上げると、持ち上げる力で壊してしまう事があります。

スポンサーリンク

牽引フックを使って引き上げる場合

家族や知り合いの車を呼んでけん引してもらう場合は、牽引フックにロープを繋いで引っ張り上げます。

最近の車は牽引フックが車載工具の中に入れてあり、ボディ側にはけん引フックを取り付けるためのネジ穴だけがあります。

そのため、けん引フックを使う時には、自分でボディに取り付ける必要があります。詳しい取り付け方については、取扱説明書を参照してください。

ボディ側のネジ穴には化粧カバーが取り付けてあり、外からネジ穴が見えないようになっています。まず、この化粧カバーの隙間にマイナスドライバーを突っ込み、ゆっくりと「てこの原理」でこじ開けます。この時、ドライバーの先端に薄い布をまいておくと、ボディに傷に傷を付けることがありません。

ネジ穴が露出したら、車載工具の中からけん引フックを取り出し、ネジ穴に手でねじ込んでいきます。ある程度までねじ込めたら、車載工具からホイールレンチを取り出し、牽引フックの先端の穴にホイールレンチのロッド部分を突っ込みます。このままさらにねじ込んでいけば、しっかりと牽引フックを固定することができます。

このように牽引フックの取り付け方法はちょっと複雑です。といっても一度経験しておけば、だれでも出来るようになるくらいの難易度です。暇な時を見つけて、一度取り付けてみてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)