タイヤチェーンを装着するベストなタイミングとは?【運転のコツ】

雪道でスタックするミニ

ノーマルタイヤで雪道を走る時、大きな助けとなるのが「タイヤチェーン」です。

タイヤチェーンは、雪道での走破性において、スタッドレスタイヤを大きく超える性能を持ちます。

例えば、高速道路で出される「チェーン規制」ですが、これは「スタッドレスタイヤ」だけの装着でも走行が許可される事が多いです。

ただし、多くの雪が積もって路面が凍結している時、「チェーン装着車以外通行止め」というさらに強い雪道規制が出される場合があります。この規制が出されている時は、スタッドレスタイヤであってもチェーンを装着していない車は通行することができません。

したがってスタッドレスタイヤ装着車であっても念のため、タイヤチェーンを携行しておいたほうが無難という事になります。

スポンサーリンク

タイヤチェーンの装着は路面状況を見極めて

このタイヤチェーンを装着する時にいつも悩まされるのが、装着するタイミングです。

あまり速いタイミングで装着してしまうと、ガチャガチャと不快な音を立てるだけでなく、チェーンやタイヤを痛めることになります。もちろん、いつまでのダラダラとノーマルタイヤで走り続ける場合は、タイヤがスリップして危険な状況を作り出すことになります。

タイヤチェーンそ装着するタイミングについて、よく言われるのが「対向車がチェーンを付けていたら装着する」というもです。ただし、これは相手の対向車の状況によって大きく変化する事がありますので、必ずしも最適なタイミングを知る方法とはいえません。

やはり、チェーン装着のタイミングは、路面状況を見極めるのが一番安全で確実です。例えば、路面が完全に雪で隠れているかどうかが、ひとつの目安となります。また、路面が雪に覆われていなくても、テカテカと黒光りしていれば、路面が凍りついているサインです。こういった路面は「ミラーバーン」と呼ばれ、車にとって一番危険な路面状況なのです。

スポンサーリンク

タイヤチェーンの装着には、雨合羽や長手袋があると便利

タイヤチェーンの交換には、雨合羽や肘まである手袋があると便利です。雨合羽があれば、雪や雨が降っていても安心ですし、風を完全に遮るので、短時間であれば防寒着として使うことができます。さらに、雨合羽にズボンが付いていれば、膝をついての作業も快適に行うことができます。

また、肘まである手袋を装着すれば、タイヤハウスの裏に手を入れても服を汚す心配がありません。

スポンサーリンク

車内に雪や汚れを持ち込まない

タイヤチェーンを装着した後、忘れてはいけないのが、靴の裏にべっとりと付着した雪や泥の始末です。

靴の裏に雪や泥が付着したまま車内に戻れば、車内を汚すだけでなく、運転中、靴が滑ってペダル操作を誤る原因となります。

このようなトラブルを未然に防ぐには、車内に戻る前、シートに腰掛けたまま、靴を車外に出してキレイに汚れを除去しておきましょう。

簡単な汚れであれば、靴を左右からパンパンと軽く叩き合わせるだけで、キレイに落とすことができます。しつこい汚れの場合は、予め車内に小さなスクレイパーを常備しておき、これでこそぎ落とすようにすればどんな汚れでも一瞬の内に落とすことができます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)