冬季ドライブの小技5つ【運転のコツ】

スノードライブ

冬のスノードライブでは、寒さや雪、凍結によって、普段のドライブとは違った危険な状況が生み出されます。

スポンサーリンク

ウォッシャー液は冬用の凍結しにくいタイプを

雪道を走っていると、溶けた氷や雪が路面の脂分や汚れと混ざり合って、フロントウィンドウにベッタリと付着することがあります。

この状態ではクリアな視界が確保できませんので、ワイパーでキレイにしたいところですが、ウォッシャー液が不足しているとそういうわけにもいきません。

こういうトラブルに備えて、冬のドライブ前にはしっかりとウォッシャー液を補充しておきましょう。

補充するウォッシャー液は、冬用の凍結しにくいタイプが最適です。また、解凍剤が配合されているタイプを使えば、フロントウィンドウが凍結した際に素早く解かすことができます。

スポンサーリンク

スノーチェーン装着は、予め自宅で練習しておく

スノーチェーンは、緊急時になって初めて装着するのではなく、シーズン前に安全な自宅の駐車場で装着の練習をしておきましょう。

タイヤが滑り出してから装着するのでは遅すぎます。チェーンの装着が遅くなるのは、チェーンの装着に慣れていないため、なんとなく自信がなくて「出来るならこのまま装着せずに走りきりたい」という気持ちになるからでしょう。

あらかじめチェーンを装着する練習をしておけば、雪がちらほらと見え出したタイミングで自信を持って装着する事ができます。

また、シーズン前に練習する事で、チェーンの不具合を未然に発見できるというメリットもあります。にっちもさっちのいかない状況で、チェーンを引っ張り出してみると、バラバラに壊れていたなんて事になれば万事休すです。後はJAFに救援を頼むしか残された手はありません。

キャリアは出発前にしっかりと点検しておく

スキーキャリアや、ルーフボックスを装着している人は、出発前に必ずしっかりと固定されているか点検しておいてください。

キャリアをシーズン前に装着している場合、走る度にネジや留め金が緩みます。緩みが蓄積されていくと、ある臨界点を超えたところで急激にキャリアは外れてしまいます。

高速道路で外れたスノーボードが後続車のフロントウィンドウに突き刺さる、なんていう事故も現実に起きています。

軽油はなるべく現地で調達する

ディーゼルエンジンに使用される軽油は、「冬の寒さによって凍りやすくなる」という特徴があります。

寒い地方にドライブで出かける際は、始めからあまり満タンにせず、現地で軽油を補給するようにしましょう。寒い地方の軽油には、予め凍結防止剤が添加されているからです。

スキー場に停める場合は、スキー場周辺で給油してから停めると凍結の心配がありません。

シーズン前にはバッテリーの点検も

寒い冬のドライブでは、バッテリーが急激に性能を落とすことがあります。

年末年始の帰省ラッシュでは、渋滞でエンジン回転が低くなっているところに、多くの電装品を使うことになるため、なおさらバッテリーに高い負荷を与えることになります。

そのため、シーズン前にはしっかりと整備工場やディーラー、ガソリンスタンドなどでバッテリーの点検をしてもらってください。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)