ランドローバー ディスカバリー【旧型レポート】レンジローバー譲りの優れた走破性をお値打価格で[E-LJR]

今回は「ランドローバー ディスカバリー V8i S」を旧型レポートいたします。
このランドローバー・ディスカバリーは、1989年にデビューした5ドアSUVです。

旧型のレンジローバーから不要な贅沢装備を取り払い、足回りはフレーム構造など、その他の主要コンポーネントをほぼそのまま流用する形で作られています。

そのため、レンジローバーの性能をそのまま受け継ぎながらも大幅なプライスダウンが行われ、当時は「価格の割に性能が高い」と大人気となったモデルです。

スポンサーリンク

外観

全長4485mmX全幅1800mmX全高1920mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2540mmとなります。

この種のSUVとしては比較的コンパクトなボディを持ちます。狭い日本の道路ではこの位のサイズが使いやすいです。

フロント

がっしりとしたボディに大きなキャビン、角型のヘッドライトが組み合わされ、重厚感あふれる外観となっています。そこはかとなく漂う品の良さは、兄貴分のレンジローバー譲りのものです。

サイド

大きなキャビンに2段ルーフ、簡素ななフェンダー周りの処理が相まって、ガシガシと使い倒したくなるようなヘビーでィーティな逞しさを感じさせます。

リア

がっしりとしたリアエンドに簡素な形のリアコンビランプ、大型スペアタイヤによって古き良きSUVの佇まいがあります。

スポンサーリンク

内装

チープなプラスチック製のシンプルな内装です。ボディの四隅がしっかりと立っているため見切りは良好です。

高級感のようなものは微塵もありませんが、質実剛健で好感がもてます。

シート

ファブリック製の大型シートに、しっかりとしたクッションが装備されます。長時間ドライブしていても疲れることはありません。

リアシートにはベンチタイプの3人がけシートが装備されます。平板な形状に加えてシートバックが少し立ち気味ですが、中距離(30km)程度の移動であれば問題ありません。

頭上空間にたっぷりとした余裕があるため、窮屈さは感じられません。

荷室

背の高いボディを活かして、荷室にはたっぷりとした容量が確保されています。4人家族でキャンプやバーベキューといったイベントも、十分にこなすことが出来ます。

静粛性

レンジローバーと比較すると遮音材が随分と削られているため、高級車のような静粛性はありません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

3947ccのV型OHVエンジンに、4速ATが組み合わされます。
エンジンは、180ps/4750rpmの最高出力と、31.8kgf・m/3100rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量は1960kg、10モード/10・15モード燃費は、5.4km/lとなります。

エンジン

エンジンは2.5Lのディーゼルエンジンと、4.0LのV8ガソリンエンジンが用意されていました。

ディーゼルエンジンは、ノイズ、バイブレーションともに大きく古いトラックのようです。

対するV8エンジンの方は、太い低速トルクとスムーズなフィールを併せ持つ優れたエンジンです。といってもこのエンジンの出自は、60年以上前のビュイックに搭載されていたオールアルミエンジンです。現代のエンジンと比べると環境性能や燃費で大きく劣ります。

大きなボディを引きずっているため、急な上り坂ではゴーゴーと苦しそうな唸り声をあげますが、100km/h以上での高速巡航、合流地点での加速などはそつなくこなします。

トランスミッション

たっぷりとした低速トルクを存分活かして低い回転を保ち、ゆったりとパワフルな変速を行います。急な上り坂ではトルクが不足するのか、頻繁なシフトダウンを行いながらも巨大なボディをなんとか加速させていきます。

足回りとハンドリング

前後ともにリジッドアクスル式サスペンションが装備されます。

足回り

プラットフォームにレンジローバーと同じものが使われているだけあり乗り心地は快適です。足回りは若干スポーティに固められていますが、たっぷりとしたストロークのサスで路面からの衝撃をしっかりと遮断します。

ハンドリング

トラックライクな見た目とは裏腹に、スポーティなハンドリングを持ちます。流石にスポーツカーのようなキビキビとした走りはできませんが、ドライバーの操作に添ったリニアな動きをみせます。

評価のまとめ

ディスカバリーは、レンジローバーと同じV8エンジンとレイアウトを持った高性能なSUVです。しかも、贅沢装備が取り除かれている分、レンジローバーに比べるとぐっとお求めやすい価格となっています。

レンジローバーの大きなウィークポイントは、壊れやすい電子デバイスです。ディスカバリーには、その複雑な電子デバイスも装備されていません。サイズも若干小さいため、日本のような狭い国で使うには最適です。

高級車に乗る満足感を求めるのなら、レンジローバーがオススメですが、優れた走破性と頑丈なボディ、おしゃれな外観だけあれば良いという人には、きおのディスカバリーをオススメします。

価格

新車当時の価格 | 3,390,000円

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)