高速道路を安全に走るためのマナー【運転のコツ】

高速道路はその名の通り、全ての車両が高速で移動しているため、ちょっとした事で大きな事故に繋がる危険があります。

そのため、道路交通法を守ることはもちろんのこと、安全のためには最低限のマナーを守ることも必要です。

そこで今回は、高速道路を安全に走るためのマナーをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

追い越し車線のマナー

高速道路を走っていると、追い越し車線から前方に出て、そのまま車間距離を開けずにすぐ前に入ってくる車がいます。また、こういった車は、そのまま加速して離れていくわけでもなく、場合によっては減速する車もあって非常に危険な思いをさせられます。

追い越しを掛ける時は、明らかに前方の車よりも自分の車の巡航速度が速い時に限って行い、追い越した後は十分な車間距離を開けて走行車線に戻るのが安全なマナーです。

また、追い越すために追い越し車線に入ったはいいが、しばらく走行車線の車と並走して後続車両の進行を妨害してしまう車もいます。

これも先程のケースと同じで、「前方の車と自分の車に大した速度差がない」のに追い越しを掛けようとしているのが原因です。速度差が大して無い場合はあえて前車を追い越す必要はありません。また、追い越すと判断したらダラダラと追い越し車線を走らず、安全な範囲で一気に加速して追い越し、十分な車間距離を開けて走行車線に戻るようにしましょう。

スポンサーリンク

高速道路では流れに乗って走るのが一番安全

高速道路で速度を出しすぎるにも危険ですが、それと同じくらい危険な行為が「制限速度を大幅に下回る速度で走ること」です。

これは特にお年寄りに多いのですが、「制限速度を超えてないんだから走りたい速度で走らせてよ」とばかりに、中には100km/h制限の高速道路で60km/h程度のノロノロ運転をしている人もいます。

周りの流れに対して大幅に遅い速度で走っていると、その遅い車を追い越すために「流れに合わせて走っている車」は追い越し車線に出ることになり、交通量が多い場合は渋滞の原因ともなりかねません。

また、周りの速い車から見れば遅い車は止まっている障害物のように感じられます。その障害物を減速、車線変更でかわすことにより、安全上のリスクも大幅に高まることになるのです。

高速道路では周りの流れに合わせて走るのが安全なマナーです。それが無理ならば下道を走った方が何倍も安全です。

スポンサーリンク

他車を威嚇しながら走るマナー知らずも

追い越し車線を常識的な速度で走っていると、突然、後方から150km/h以上の速度で急激に接近してきて、パッシングを浴びせながら猛烈に煽る車がいます。

追い越し車線は、追い越しをする車の為の車線ですが、早ければなんでもゆるされるという、特権が与えられている訳ではありません。

そのため、こういった暴走運転はマナー違反以前に、完全な道路交通法違反なのですが、こういう輩は知ってか知らずが、はたまた高速道路をサーキットと勘違いしているのか、こういった暴走運転を繰り返しています。

追い越し車線といえども、制限速度はあります。まあ多少の速度オーバーでは取締の対象となることはありませんが、限度を超えた暴走運転や他車を煽る下品な行動は謹んでもらいたいものです。と言ってもこういう輩には馬の耳に念仏でしょうね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)