第4のレンジローバー「ヴィラー」が目撃される!直列6気筒エンジンで500馬力を発生か【スクープ】

ランドローバー社が開発している「レンジローバー」ブランドの新モデル「レンジローバー・ヴィラー」が、スウェーデンの寒冷地テストコースで目撃されました。

シルエット上からは、レンジローバースポーツによく似たクーペライクなルーフ形状が確認できますが、厳重にまだら模様による偽装がほどこされているため、細かい部分まで確認することはできません。

ベース車両には「ジャガー・F-Pace」が使われていますが、確認できるシルエットは「レンジローバー・イヴォーク」と、「レンジローバー・スポーツ」を融合させたようなデザインです。

「L560」とコードネームで呼ばれるこの新しいモデルは、レンジローバーにおける4番目のモデルとなります。開発チーム内では「ヴィラー」という愛称で呼ばれていますが、これが正式な商品名となるのかは現在のところ分かりませんが、2016年初頭に「ヴィラー」名義で特許が出願されています。

※動画は2016年のパリモーターショーで発表された「新型ディスカバリー」です。

スポンサーリンク

目次

  • ライバルは「BMW X6」と「メルセデスベンツGLEクーペ」
  • 発売は2017年後半
  • 搭載されるパワーユニット
  • 現在明らかになっている「ヴィラー」の情報
スポンサーリンク

ライバルは「BMW X6」と「メルセデスベンツGLEクーペ」

この「ヴィラー」は世界的に増加するプレミアムSUV販売台数に対応するべく、ジャガー・ランドローバー社が新たに開発したモデルです。

ライバルとして想定されているのは、ラグジュアリー・スタイリッシュSUVの「BMW X6」や「メルセデスベンツGLEクーペ」です。

スポンサーリンク

発売は2017年後半

ランドローバー社では「ヴィラー」の発表を間近に控え、現在、開発は最終段階を迎えています。

すでに「新型ランドローバー・ディスカバリー」は、2016年のパリモーターショーでワールドプレミアが行われていますが、このスポーティなSUV「ヴィラー」の発表は2017年の春に予定されています。

イギリスのランドローバー直営のディーラーによると、「ヴィラー」の販売は2017年の後半を予定しているそうです。価格は最上位グレードで60,000ポンド(約866万円)以上が見込まれているそうです。

搭載されるパワーユニット

この「ヴィラー」には、直列6気筒と直列8気筒のガソリンエンジン、並びにディーゼルエンジンの搭載が予定されています。アルミニウムブロックを使った近代的なエンジンになる予定で、パワーと共にエネルギー効率の高さも期待されます。

現在フォードから供給されている「V6型エンジン」は、この「ヴィラー」への直列6気筒エンジン搭載を皮切りに、除々にその生産数を減らしていく事になる可能性があります。

現在明らかになっている「ヴィラー」の情報

発売予定:2017年後半
搭載されるエンジン:3リッター直列6気筒ガソリンエンジン&ディーゼルエンジン(直列8気筒エンジンについては詳細不明)
エンジン出力:ガソリンエンジン 300ps/400ps/500ps
エンジン出力:ディーゼルエンジン 275ps/335ps/400ps

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)