【運転のコツ】バックで駐車や車庫入れする時のコツ

スポンサーリンク

アメリカでは前進で駐車する

アメリカでは駐車場の一台分の幅が広く、前向きで頭から駐車スペースに車を入れても簡単に停める事ができます。多少車が斜めになったとしても、駐車スペースの幅が広いため、余裕を持ってドアの開け閉めも出来ます。

また、アメリカの駐車場では前向きに止めると通路側にトランクがくるので、荷物が積みやすくなるというメリットもあります。駐車場から出る時も、通路が広いためバックでも安全に車を出す事が出来ます。

これを日本の狭い駐車場でやると、前向き駐車は内輪差が大きくなり、狭い通路から侵入して一発でまっすぐに停めるのは不可能です。

また駐車場の幅が狭いため、車が斜めのままではドアの開け閉めも満足に出来なくなっていまいます。日本のミニバンでスライドドアが大人気になるのも、この狭い駐車場事情による所が大きいのです。

また、切り返して車の向きを立て直そうにも、日本のように駐車場の幅が狭いと、何度も出たり入ったりを繰り返す事になります。

スポンサーリンク

狭い場所ではバックの方が簡単

こういう狭い場所では、バックで駐車するほうが簡単です。狭い通路から侵入してハンドルを切りながらバックをすると、狭い場所でも大きく車の向きを変えられるからです。また、前向き駐車のような内輪差による車体のずれも起きません。

内輪差を簡単に説明すると、前向き駐車の場合は前側のタイヤで舵を切ることになり、自動車の後部が前側が通ったラインよりも内側を回ろうとする為に起こる現象です。これでは後部は隣の車に接触してしまいます。

これがバックによる駐車ですと、後ろ側のタイヤで舵を切りますので、後部が大きく外を通って駐車スペースに入っていく事になります。
これにより、内側の巻き込みが起きることなく、隣の自動車とも接触しないで真っすぐに駐車できるという訳です。

これが日本の狭い駐車場でバック駐車が推奨されている理由です。また日本の駐車場であっても、郊外の広いショッピングモールのような駐車場では、広さに余裕があるので前向きに駐車しても構いません。

スポンサーリンク

バックによる駐車の仕方

駐車場の通路を走って来て、左側のスペースに停める場合の方法をご説明します。

まずゆっくり徐行しながら、目的の駐車スペースの前70cmくらいの所を通ります。運転席が駐車スペースの左側ラインに差し掛かったら、ハンドルを右に切って、通路右側ぎりぎりまで寄せて停車します。この時ハンドルの位置がまっすぐになっていると、後の操作が楽になります。
これにより、目的の駐車スペースに対してあなたの車は、車体を斜めにして左前に停車しているはずです。

次に左ドアミラーの角度を下げ、左後輪近くの路面が移るように調整します。ここからまっすぐ後ろにバックを始めますが、スピードはクリープより少し遅くなるようにブレーキで調整してください。後ろの確認はミラーだけではなく、直接目視でも行うと楽に駐車できます。

バックの時は右手はハンドルのセンター頂上部分を握り、左手は助手席のシートに掛けて上体を安定させてください。

目的の駐車スペースの左ラインをまっすぐ延長した場所に、左後輪が差しかかったらハンドルを左に切ります。車体が駐車スペースに対してまっすぐになったら、ハンドルを戻してください。後は前後をしながら車の位置を調整してください。

駐車の時に一番大事なコツは、焦らずにゆっくりとしたスピードで行うということです。スーパーの駐車場では、次から次に車が来て焦ってしまうかもしれませんが、安全に駐車するのが第一です。こういう場合はハザードを点滅させながら行うと、周りへのアピールと同時に、落ち着いて駐車する事にも繋がりオススメです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

パリモーターショー行きたい(2018年10月)