新型 トヨタ カムリ ハイブリッド G(10代目)【試乗評価】大きなボディと日本車離れしたアグレッシブなスタイリング、上質な乗り味が魅力 [DAA-AXVH70]


トヨタ カムリ ハイブリッドのフロント

今回は「新型 トヨタ カムリ ハイブリッド G(10代目)」を試乗レポート。
2017年にフルモデルチェンジした、Mクラスの4ドアセダンです。

最近はオーソドックスなセダンを選ぶ人が少なく、このカムリも大量に販売が見込めるモデルではありません。といっても、いまだにアメリカ市場での人気は高く、長年に渡ってベストセラーカーの地位を守り続けています。

そのため、アメリカ市場に合わせたダイナミックなスタイリングと少し大柄なボディサイズを与えられています。日本人の目から見るとちょっと違和感がありますが、日本市場でまとまった数が売れないのですから仕方ありません。

プラットフォーム(基本骨格)には、トヨタの最新テクノロジー「TNGA」に基いて設計された「GA-K」プラットフォームが使われ、高い衝突安全性能と燃費効率、運動性能を実現しています。

ライバル車種には、日産ティアナやホンダ アコード、マツダ アテンザなどがあります。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「試乗評価のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4885mmX全幅1840mmX全高1445mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2825mmとなります。

フロント

低いボンネットラインに有機的なうねりが与えられた、グラマラスで力強いフロントフェイス。フロント・エアーインテークには、細かなフィンを持つド派手なデザインが施されています。主要マーケットとなる北米や中国で、喜ばれそうな凄みのあるデザインに仕上がっています。

サイド

Aピラー(一番前の柱)が強く傾斜しているため、ノーズが長く見えます。ロングホイールベース(前後タイヤの距離)とビッグキャビン、ギリギリまで切り詰められたフロントオーバーハング(前輪からフロントノーズまでの距離)が相まって、FR車のように流麗なスタイリングです。

リア

トヨタ カムリ ハイブリッドのリア

強く傾斜したリアウィンドウが、そのままヒップラインへと繋がるファストバックスタイル。ワイドなリアエンドと薄く幅の広いリアコンビランプとが一体となって、力強くスポーティなリアエンドを構成しています。

フロントフェイスには、ギョッとするようなエグみがありますが、全体のプロポーションは流麗でスポーティなまとまりをみせます。日本市場に合わせてもうちょっとシンプルな顔つきがあれば、と思わずにはおられません。数年後のマイナーチェンジに期待したいところです。

スポンサーリンク

内装

トヨタ カムリ ハイブリッドの内装

Y字型のセンターコンソールを中心に、複雑に折り重なるインテリア。しっとりとした樹脂パッドに、木目調パネルやメタリック調パーツが組み合わされ、上質な空間を実現しています。

眼前には精密なデザインの二眼メーターとインフォメーションディスプレイが用意され、視認性、使い勝手ともに良好です。

シート

トヨタ カムリ ハイブリッドの前席

ルーフとボンネットが低くなったため、必然的にシートポジションも低い位置に設定されています。車輌の低重心化と相まって、スポーティなドライビングポジションとなっています。

前席はスポーティな形状の大柄なシート。しっとりとした表皮にコシのある上質なクッションが組み合わされ、座り心地は上々です。

トヨタ カムリ ハイブリッドの後席

後席は、座面のサイズ、シートバックの角度ともに問題ありません。足元にはたっぷりとした余裕があり、大人二人で長時間座っていても疲れにくいです。

荷室

荷室には、524Lの大容量を確保。家族4人であれば、2泊3日旅行も可能です。

静粛性

室内にはたっぷりと遮音材が施されており、高級車なみの静粛性を誇ります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

2487ccの直列4気筒DOHCエンジン+電気モーターに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、178ps/5700rpmの最高出力と、22.5kgf・m/3600-5200rpmの最大トルクを発揮します。
また電気モーターは、120psの最高出力と、20.6kgf・mの最大トルクを発揮します。
車両重量1570kg。JC08モード燃費は、28.4km/lとなります。

エンジン

2.5Lのツインカムエンジン+電気モーターによるハイブリッドシステムで前輪を駆動。出足では、電気モーターを使ってスムーズで力強い加速を実現。中高速域ではこれにエンジンが加わり、レスポンスに優れたパワフルな走りを披露します。

トランスミッション

トヨタ カムリ ハイブリッドのシフト

ベルトとプリーによって連続的に変速するCVTを装備。スムーズな変速フィールで、ガソリン車から乗り換えても違和感はありません。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションが装備されます。

乗り心地

足元には17インチホイールを装備。しっかりと鍛え上げられた高剛性ボディと上質なサスの相乗効果によって、快適な乗り味を実現しています。

目地段差を通過しても不快な衝撃はしっかりと遮断されます。

ハンドリング

トヨタ カムリ ハイブリッドのステアリング

重厚感のあるしっとりとしたステアリングフィール。ドライバーの操舵量に伴って正確に反応、自然な動きでノーズの向きを変えていきます。ボディの大きさを感じさせるような、鈍さや反応の悪さはありません。

その他

先進安全技術には「Toyota Safety Sense P」を搭載。ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた検知センサーによって、車だけではなく人も認識して安全運転をサポートします。

このシステムは、レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)、プリクラッシュセーフティ・システム(衝突被害軽減自動ブレーキ)、オートマチックハイビーム(自動ハイビーム)、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付きクルコン)などが装備されます。

試乗評価のまとめ

ロー&ワイドなカッコいいプロポーション。広々とした室内と荷室。ハイブリッドシステムによるパワフルで効率の良い走り。素直なステアリングフィールと上質な乗り味をもったMクラスセダンです。

アメリカ市場に合わせて設計されているため、少々サイズが大きいのが気になりますが、このサイズを持て余す事のない環境に住む人なら最高に使い勝手の良い高級セダンとなります。

郊外や田舎など道が広く駐車場に余裕のある人で、人や荷物を沢山積んでドライブをする事の多い人や、「上質なセダンが欲しいがドイツ高級車ではちょっと恥ずかしい」という人にピッタリな一台です。

中古車市場では

新型が登場したばかりなので、中古車市場に買い得感のある中古車はそれほどありません。「2017式 カムリ G」の新古車や極上車で370万円前後。先代モデル「2017年式 カムリ G」なら280万円前後となります(2017年11月現在)。

価格

価格 | 3,499,200円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)