車を停めてターボエンジンをすぐに切ると、エンジンの寿命が大幅に低下し、故障の原因をつくることにもなる【運転のコツ】


スバルWRXのターボエンジン

車は精密なパーツを組み上げて作られた複雑な機械です。そのため、乱暴に扱えば消耗や劣化が早くなり、大切に扱えばぐっと寿命を伸ばすことができます。

あなたも、乱暴に扱われる会社の営業者がどんどんボロくなっていくのに対して、大切に扱う自分の愛車がいつまでも新車の様な輝きと、調子の良さを維持している事をその目で見たことがあるはずです。

そこで今回はターボエンジン搭載車を中心に、どのような点に気をつけて扱ってやれば寿命を伸ばすことができるのか、じっくり解説したいと思います。

スポンサーリンク

ターボエンジン搭載車の暖機運転

ターボエンジンが搭載された車は、高い負荷をエンジンに掛けるため、始動直後はゆっくりと穏やかに走ってやる必要があります。ただし、昔の車のように5分から10分以上に渡ってじっくりと暖機運転をする必要はありません。

エンジンを始動したらメーター周りの警告表示を確認し、周りの安全を確認しているだけで十分な暖機運転が終わります。

安全確認が終わったらゆっくりと走り出してください。といっても、ここからすぐに全開走行に移行してはいけません。ゆっくりとアクセルを踏み込み10km/h~30km/h程度で徐行しながら進んでください。その後は周りの流れに合わせて安全運転で走りましょう。水温計の針が動き出せば、普通通りに運転して構いません。

スポンサーリンク

ミッションや足回りの暖機運転

暖機運転には、エンジン周りだけでなく、ミッションや足回りも含まれます。走り始めは急激なミッション操作や、ガタガタ道など衝撃の多い場所の走行はなるべく避け、どうしても大きな段差を通過しなければいけない場合は、微速前進でゆっくりと進んでください。

駐車場の出口に大きな段差がある場合は、とりあえず段差を通過してから同乗者に乗り込んでもらうといった工夫も大切です。

AT車の場合、信号で停車する度にDからN、もしくはPに何度も入れたり出したりを繰り返す人がいます。しかし、これではかえってミッションに無駄な負荷を与えてしまいます。信号で停車したら、ミッションをDのままキープし、ブレーキペダルを踏んでその場所に留まりましょう。

じわじわと前進するクリープ現象を無理やりフットブレーキで抑えていると、なんだかミッションにダメージを与えているような気がしますが、実際には逆で、無駄なミッション操作をするほうがトランスミッションに大きなダメージを与えることになります。

スポンサーリンク

ターボエンジンを停止する時の注意点

ターボエンジン搭載車の場合は、始動時だけでなく、エンジンを停止する時にも注意が必要です。ターボエンジン搭載車で高速道路を長時間に渡って走行したり、長い坂道を延々と登って来たようなケースでは、ターボエンジンが高い負荷にさらされてタービンが真っ赤になっていることがあります。

こんな状態で急にエンジンを停止すると、タービンは高温を持ったまま長時間に渡って放置されることになります。これでは、わざわざ「エンジンを壊してくれ!」と言っているようなものです。

ターボエンジンで全開走行をした後は、急にエンジンを切るのではなく、しばらく車を止めたまま、エンジンを掛けっぱなしにしてターボエンジンをしっかりと冷却してやりましょう。時間としては1分くらいで十分です。「エンジンを掛けたまま待つのが面倒くさい」という人には、自動的にエンジンを停止してくれる「ターボタイマー」が便利です。

多くのターボタイマーにはリモコンが付いており、寒い日に家の中から車のエンジンを始動して、暖機運転を行うと共に車内を十分に温めるという機能もあります。エコの観点からはちょっと外れるコンセプトの商品ですが、車の寿命向上と車内の快適性には大きな効果があります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。