ギア比の最終減速比(ファイナル)とは?【コラム】


エンジンから出力された回転力は、トランスミッションを経て変速され、ディファレンシャルギアでさらに減速されて、タイヤホイールへと伝えられます。このディファレンシャルで減速されるギア比を、最終減速比(ファイナル)と呼びます。

スポンサーリンク

最終減速比は車のキャラクターを表す

この最終減速比は、その車のキャラクターを特徴づける大きな要素です。最終減速比が大きければ、その車はエンジンを比較的高回転まで回しながら走る車であり、逆に、最終減速比が小さければ、その車はエンジンをあまり回さずに走る車であるということがいえます。

また、一般論として、最終減速比が小さな車は、最高速度の高いハイスピードカーに多い傾向がみられます。

しかし、ハイスピードカーとして有名なフェラーリは、その最終減速比は以外と小さめです。これは、それだけエンジンを高回転まで回して走る車づくりが行なわれているという事の証でもあります。逆に、ポルシェの最終減速比は低めに抑えられており、エンジンを回さずに走る車だという事が伺えます。

少し前のフランスやドイツでは、最終減速比が小さく、エンジンを回さなくても高速走行ができる車が重宝され、曲がりくねった道の多い島国のイギリスでは、最終減速比が大きく、エンジンをガンガン回しながら走る車が好まれていました。その傾向は今でも受け継がれており、ドイツの車は全般的に高速走行が得意という特徴があります。

スポンサーリンク

オーバーオールギアを比べる

車の個性やキャラクターを見る場合、トランスミッションの変速比を比べるだけでは意味が無く、変速比と最終減速比とを掛け合わせた値を比べる必要があります。この値を「オーバーオールギア」と呼びます。

例えば、スバルBRZの最終減速比は「4.1」ですが、5速の変速比は「0.713」です。これを掛け合わせると、オーバーオールギアは「2.9233」となります。

前述のフェラーリとポルシェはこのオーバーオールギアの値が大きく異なっており、車のキャラクターが全く違うという事がわかります。

スポンサーリンク

エンジンの小さな車はオーバーオールギアが大きい

エンジンの小さい車の場合は、このオーバーオールギアが大きくなる傾向があります。小さいエンジンを高回転までしっかりと回してやることで、なるべく大きな馬力の出る回転域を使って、車を力強く走らせようとしているためです。

逆にエンジンが大きく低速から太いトルクを発生させることができるような車は、エンジンをあまり回す必要がないので、オーバーオールギアを小さくすることができます。その結果、振動も騒音も小さくなり、燃費も節約できるというメリットがあります。

ダウンサイジングターボ

しかし、最近はこの大排気量エンジンのメリットと、小排気量エンジンのメリットを組み合わせた「ダウンサイジングターボ」と呼ばれるエンジンが増えています。これは、エンジンの小さな車であっても、低速からターボで加給することで、あたかも大排気量エンジンのような太いトルクを発生させることができる技術です。

このため、ダウンサイジングターボを使ったエンジンは、小排気量エンジンでありながらオーバーオールギアを小さくすることができ、使いやすいフラットな低速トルクと、省燃費、低振動、低騒音という特徴を両立することができるのです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)