新型マツダ アクセラ セダン【試乗評価】乗って楽しいバランスの良い車 [DBA-BM5FP]


今回は「新型マツダ アクセラ セダン 15S Touring」を試乗レポートいたします。
このアクセラセダンは2013年のモデルチェンジで3代目となりました。

5ドアハッチバックについては、「マツダ アクセラ スポーツ XD」のページをご覧ください。

スポンサーリンク

外観

全長4580mmX全幅1795mmX全高1455mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2700mmとなります。

このセダンの外観は、始めにハッチバックのアクセラスポーツをしっかりとスタイリングした後、そのデザインをベースにセダンを成立させるという手法で設計されています。

そのため、フロントフェイスはアクセラスポーツと共通のデザインが与えられ、ワイド&ローでスポーティな印象です。

ただ、サイドビューは、アクセラスポーツからのアレンジで成立しているため、少し寸頭まり感が残ります。このあたりはアウディA3セダンなどと同じく、ボディを5ドアと共用しているので致し方ありません。

リアビューは、セダンオリジナルの薄型リアコンビランプがレイアウトされ、端正でスポーティなリアスタイルです。

スポンサーリンク

内装

内装デザインは、アクセラスポーツと共通のデザインが与えられ、クラス標準的な質感を備えています。

前席は包み込まれるようなスポーティな形状のシートで、適度な硬さがあり座り心地は快適です。だた、少し腰まわりのホールド感が不足しているような気がします。

後部座席はサイズが小さく、形状もやや平板で、長距離ドライブでは疲れてしまいそうです。中距離(50km程度)であれば問題ありません。

流れるようなかっこいいスタイルの弊害で、リアウィンドウは小さく傾斜も大きいため、後方視界は狭いです。

また、若干ロードノイズの侵入が多めかなと思いますが、不快なほどではありません。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1.5L直列4気筒DOHCエンジンに、6速ATが組み合わされています。
エンジンは、111ps/6000rpmの最高出力と、14.7kgf・m/3500rpmの最大トルクを発揮します。
JC08モード燃費は、20.6km/lとなります。

必要十分の動力性能を備えており、街中での合流や加速、ちょっとした登坂路で力不足を感じることはありません。

搭載される6速ATは、シームレスで段付き感の少ない滑らかな変速フィールです。低速トルク型のエンジンとの相性も良く、レスポンスの良いトルクフルな走りを披露します。

ただ、ブレーキの制動力が強く、特に走り始めはカックンブレーキになりやすいので注意が必要です。

足回りとハンドリング

前輪にストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。

ステアリングはクイックな設定ではありませんが、ドライバーの意図に忠実な反応を示す、リニアでスムーズなフィールです。
リアサスのロードホールディング性能が高く、いつまでも路面を捉え続けます。そのため、うねりのあるコーナーでも安定して旋回することができます。

適度に引き締まった足回りで、不快な突き上げ感も無くしなやかな乗り心地です。高剛性ボディに精度の高い足回りが組み合わされ、上質な乗り味に仕上げられています。

評価のまとめ

手頃な値段でスタイルがかよく、適度なサイズで運転も楽しめる車となるとそう沢山の選択肢はありません。
セダンは5ドアハッチバックのスポーツと比べると若干地味な印象がありますが、逆にスポーツでは少し派手すぎるという人にはちょうど良いスタイルです。

価格

価格 | 2,138,400円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。