新型スズキ ジムニー(JB23)【試乗評価】日本の山道に特化された高い悪路走破性 [ABA-JB23W]


今回は「新型スズキ ジムニー ランドベンチャー(JB23)」を試乗レポートいたします。
スズキジムニーは1998年のモデルチェンジで3代目となりました。

軽自動車でありながら、本格的な悪路走破性を持つクロスカントリーSUVです。

※動画はイギリス仕様のジムニーです。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1680mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2030mmとなります。

この特別仕様車のランドベンチャーには、専用メッキグリルと専用ガーニッシュが装備されます。
外観は先代ジムニーのコンセプトを受け継ぐ、直線基調で塊感のあるスタイリングです。この3代目ジムニーは登場から20年近くが経っていますが、面の繋がりに緩やかなカーブが施され、今でもモダンな印象を受けます。

フロントは、四角いヘッドライトに小さなアールが付けられ、どっしりとした道具感と柔和な表情がうまくバランスしています。

サイドは、切り立ったAピラー(一番前の柱)が特徴的な、ボクシーな形状です。コンパクトでありながら頼もしさも感じられます。
最低地上高がたっぷりと取られていてホイールベースも短いため、見るからに悪路走破性が高そうです。

リアビューには、特にこれといった工夫は見られませんが、逆にこの簡素なデザインが本格的なSUVの機能を物語っています。またリアハッチに装備されているスペアタイヤには、専用のプラスチックカバーが装備されており上質な印象です。

スポンサーリンク

内装

クラス標準レベルの内装ですが、設計が20年近く前のため、さすがに古さを感じます。

専用装備のピアノブラックのセンターパネルと、細部に所々施されたゴールドの加飾が特徴的です。このゴールドの加飾は写真で見るほど派手ではなく、全体の雰囲気と上手くなじんでいます。

着座位置が高くAピラーもしっかりと切り立っているため、周りの見晴らしは素晴らしいです。このおかげで渋滞でのイライラ感も相当緩和されるでしょう。また、ボディが角張っているため見切りが付けやすく運転もしやすいです。

シートには特別装備の防水加工を施した合皮の「クウォーレモジュレ」が装備され上質な印象を持ちます。また運転席と助手席にはシートヒーターが装備されています。
前席は、サイズと厚みも適正で快適なシートです。また硬さとコシも程よく、腰が痛くなる事もありません。
後席は平板で厚みが薄く居住空間も狭いため、長距離移動には向きません。ただ、緊急用の荷物置き場として考えれば便利で使い勝手もいいです。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

660cc直列3気筒DOHCターボエンジンに、5速MTが組み合わされます。
エンジンは、64ps/6500rpmの最高出力と、10.5kgf・m/3500rpmの最大トルクを発揮。
JC08モード燃費は、14.8km/l。

車両重量980kgと軽自動車にしては重い車重を持ちますが、低速トルクがたっぷりとしており日常域での不足はありません。
ピックアップの良い低速トルクと、ダイレクトなマニュアルトランスミッションを生かしてキビキビと走ります。出足も軽快で、少々の坂道など物ともせずグイグイと登って行きます。

足回りとハンドリング

前後ともに3リンクリジット式サスペンションが装備されます。

ステアリングフィールは、オフロードを主体にセッティングされている為、スローで緩慢な印象です。前後の回転差を調整するセンターデフが装備されていないので、オンロードではFR状態にスイッチしていないと上手く曲がることができません。またFRであっても基本的な曲がりにくさは残ります。

短いホイールベースに、ラダーフレームと車軸式サスを持つ、本格的なクロスカントリーSUVですから、オンロードでの乗り味はいまいちです。
路面のうねりに追従しきれず、ユサユサと車体を前後に揺らし、直進安定性も低いです。

また、荒れた路面では段差の衝撃を正直に拾ってしまい、ハーシュネスの遮断も不得意です。
ただ基本的に乗り心地は悪いながらも、2O年に渡るマイナーチェンジを積み重ねて、随分とマイルドな乗り心地に改善されています。

評価のまとめ

本格的なSUVとして設計されており、オンロードではどうしてもクセのある走りが露呈されてしまいます。その反面、日本の狭い山道などでは、高い悪路走破性をみせます。

そのため、ボディスタイルが気に入ったという理由だけで、おしゃれなシティクロスオーバーとして使うのは難しいと思います。逆に、仕事や趣味でガンガン山道に入っていくような人には、これ以上無い最高の一台となります。

価格

価格 | 1,580,040円(税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)