【運転のコツ】片側二車線や三車線での走り方や車線変更の仕方


市街地での三車線の走り方

市街地を通る幹線道路の場合、三車線ある道路のそれぞれの特徴を理解しておくと、混雑した時でもスムーズに通過できます。

一般的に左車線には違法な駐車車両や、乗客の乗り降りの為にバスが停車している事が多く、その都度車線変更をして避けていたのでは、スムーズに走れませんし第一危険です。

かといって、右車線も右折待ちをしている自動車が多く、自動車のお尻を斜めに突き出して走行車線を塞いでいる事も多いです。

こういう場合一番スムーズに通行できるのは、三車線の内の中央の車線です。
とくに、初心者やお年寄りの場合は、余計な注意力を運転に使わずに済むのでオススメです。

ただ、そう考える人は多く、中央の車線は多くの場合一番混雑しています。
混雑してくると車線の流れも悪くなり、ちょっと空いているからと左車線を走ろうものなら、なかなか中に入れてもらえなくなります。ここは、ぐっとこらえて中央の車線をキープするのが一番です。

スポンサーリンク

市街地の二車線での走り方

また、二車線の場合はさらに考える事が増えます。三車線の様に常時邪魔の入らない車線はありません。常にどちらかの車線に何かあると思って走ることが必要です。
それには「いつもこの辺りで右折する人が多いよなあ」とか、「この時間にはここにバスが止まる」という情報を予め覚えておく事です。
そうする事で、今はこの車線を通るのが一番効率が良い、といった事が判断できるようになります。

また初めて走る道路では、ナビや地図などで予め大まかな順路を頭に入れておき、あとは地元の人の動きに合わせながら走ると、初めての道でもスムーズに通過する事ができます。

スポンサーリンク

スムーズな車線変更の仕方

たとえ中央車線を走っていても、始めと終わりにどうしても車線変更が必要になります。とくに三車線の場合は、前後左右を死角を含めて確認しなければならず、難易度は高めです。

まず車線変更の時は、ルームミラーと左右のドアミラーを使って、周りをしっかり確認します。死角になっている斜め後方は直接目視で確認してください。
例えば、左車線から中央車線に入る場合は、まず右ウィンカーを出して、ルームミラーと右ドアミラーを確認したら、左後方を直接目視で確認します。
目視で一度に確認できる場所は限られています。一度見た視覚情報は、頭の中に俯瞰写真の様に残しておきます。

前後左右に問題がなければ、じわっとハンドルを切ってゆっくり車線を移動します。この時急激にハンドルを切ると、右車線から中央車線に入ってくる車と接触する可能性がありますので注意してください。これは三車線での車線変更で考えられる一番怖い状況ですが、ゆっくり車線を移動していれば十分回避可能です。

車線移動が8割ぐらい終了したら、徐々にハンドルをセンターに戻しつつ、車線の中央にぴたりと車を合わせます。
最後にゆっくりハンドルを戻すことで、同乗者が不快に揺すられる事もありません。

スポンサーリンク

先読み運転で混雑を回避する

また複数車線での走行は、先を読んだ運転ができるとさらにスムーズに通過することができます。

何台も前を見ていると、「次にこの人は右折待ちするんだろうな」とか、「右車線は工事規制でこのまま走っていたら混雑に巻き込まれるな」といったことが分かるようになります。
人より早く次の状況がわかれば、混雑に巻き込まれる前にスムーズに車線を移動することできます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。