【運転のコツ】ハイブリッドカーの燃費を向上させる走り方


スポンサーリンク

メリハリのあるアクセルワーク

ハイブリッドカーの燃費を向上させる走り方には、ある程度頭を使った戦略的な考え方が必要になります。

EVモードだけで走行していると、電池がみるみる減っていき、バッテリーの充電のためエンジンが始動してします。
この時、バッテリー充電のためだけにエンジンを使うのではなく、積極的に駆動力としてもエンジンを使うと総合的な燃費は向上します。
また、電気モーターとエンジンを使って強めに加速し、素早く目的のスピードに達するのも、燃費の向上の為には効果的です。

一般的なハイブリッドカーには、「チャージ」「エコ」「パワー」の3段階で表示される「HVメーター」が装備されています。
先ほど説明した、強めの加速とは、この「パワー」に入ってすぐの領域の事です。この領域に入るくらい強めにアクセルを踏んで素早く加速し、目的のスピードに達したら緩やかに一定速度による走行に移行します。一定速度走行の為にアクセルを戻す事で、HVメーターはエコ表示になり、効率の良い運転をしている事を示します。

つまり、こういったメリハリのある運転をする事で、結果的に燃費効率の良い運転の時間が長くなり、全体の燃費が向上するという訳です。

スポンサーリンク

ハイブリッドカーでも坂道を有効に使う

普通のエンジンの自動車のように、ハイブリッドカーであっても坂道を有効に活用する事で、燃費を向上させる方法があります。

この坂道を使った燃費の向上方法は、一般的な街中での緩やかな坂道を想定していてます。
急なこう配のある山道で行えば、ブレーキが故障して大きなトラブルに繋がりますので、山道ではエンジンブレーキを使った走行をしてください。

毎日使う道なら、ある程度の上り下りは頭に入っていると思います。
また毎日この走行を心がけていれば、自然に頭に入ってきますので、今は頭に入っていなくても心配ありません。
燃費の効率は落ちますが、見た目で坂道を判断しながら走行する事も可能です。これは初めて訪れた知らない道でも同様です。
この運転の先読み行為は、燃費向上だけではなく、安全な運転にも繋がる重要なテクニックですので、普段から意識して行うようにしてください。

それでは、具体的な方法を説明します。まず、上り坂を見つけたら坂に差し掛かかる前に、電池残量を確認します。電池残量に余裕があれば、「EVモード」に切り替えてください。
上り坂はEVモードを使って走行し、ガソリンの消費を抑制します。坂道を上りきり下り坂になったら、エンジンが始動していなくても自動車はバッテリーに電気を充電し始めます。

ただし、上り坂に差し掛かった時に電池に電気が十分になければ、この方法は使えません。また、下り坂に差し掛かった時に、電池が満タンの場合も下りのエネルギーを有効に充電できず、燃費効率は落ちてしまいます。

つまり、全体の行程が頭に入っていれば、どこで充電してどこで電気を使うか総合的な判断ができるため、全体の燃費も向上するという訳です。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)