【運転のコツ】後方の車両感覚の練習方法


後方の車両感覚の確認

後方の車両感覚は最近の空力を重視したスタイリングのせいで、非常に確認しづらくなっています。
また、後方の車両感覚は、バックで駐車場に入れる際や、狭い道で対向車とすれ違う時に、どうしても必要になる大切な感覚です。

まず今の自分の後方の車両感覚と、実際の車両位置のずれを確認します。
後方の車両感覚は、壁や棒などリアウィンドウから確認できる目標物に対するものと、路面上のラインに対するものとの、2つの感覚を鍛える必要があります。

まずラインに対する後方車両感覚の鍛え方ですが、目標としてラインや路面の継ぎ目など、ある程度横に長く、後方のサイドウィンドウからも確認しやすい線を設定します。

設定したらこの目標の線に対して、自分がぴったり合っていると思う位置まで徐行でバックします。
位置が合ったら、停止してATセレクターをPに入れ、パーキングブレーキを引いて降車してください。
次に自動車後方に周り、自分の感覚と実際の位置のずれを確認してください。
初めてこれをやる場合、かなり目標ラインまで距離が開いてしまうのではないでしょうか。

確認したら運転席に戻り、頭の中のラインの位置まで徐行しながら後退します。
この後退と確認を、ラインとボディの位置がぴったりと合うまで繰り返します。

スポンサーリンク

付箋を目印にした練習方法

ぴったり合ったら、第2ステップです。
目標ラインは横に長いものを設定していますので、この時、助手席後方のサイドウインドウからもラインが見えていると思います。
このリアサイドウインドウ上のラインの位置に、付箋を張って目印とします。
この目印の付箋を確認する際は、隣の助手席に左手をかけて上体を安定させ、いつも同じぐらいの目線から確認するように気をつけてください。
また、サイドミラーの中の目標のラインの位置も確認しておきます。この時、付箋で目印を付けるのは難しいので、後部ボディのどのあたりにラインが見えているか、頭に入れておいてください。

ルームミラーには目標のラインは写っていませんが、後方の安全を確認するために必ずこのミラーも見るようにします。
後方は死角が多いため一つの目線に頼るのではなく、「左右のドアミラー」「ルームミラー」「直接目視」と4つの視点をフルに活用してバックするようにしてください。

この4つの視点と、目印の付箋をたよりに何度もバックの練習をします。後方車両感覚の自信がついたら、付箋を取り、自分の感覚と4つの視点だけでバックしてみてください。これで、ぴったり目標のラインに寄せる事ができれば合格です。
もし失敗した場合は、最初のステップから何度もやり直してください。

スポンサーリンク

リアウィンドウからの後方車両感覚

次に、壁や棒などリアウィンドウから確認できる目標物に対する、後方車両感覚の練習方法を解説します。

リアウィンドウから見えるくらい大きなパイロンや、大きな風船などがあれば一番良いのですが、実際に用意するのは難しいでしょう。
ここでは、人の手を借りて練習していきます。相手には運転免許を持っている人が適任です。
車の特性を理解していない人を相手に練習を行うと、思わぬ事故に繋がりますので注意してください。

まず、壁やフェンスなど後方の目標物を設定します。
次にこの目標物に対して、ゆっくり徐行でバックしますが、この時サポートしてくれる人に誘導をお願いします。
ラインと違い、ぴったりに寄せると衝突してしまいますので、ここは余裕を持って30cmほどの所に誘導してもらいます。
自信の無い人は、それ以上でも構いません。これを何度か繰り返し自身がついたら、今度は誘導をしてもらわずに自分の感覚だけでバックして壁に寄せます。

ただし、さっきよりさらにゆっくり寄せていき、30cmになったら合図をしてもらいます。
つまり、合図をもらう手前ぎりぎりで止められたら合格という訳です。
この練習を何度も繰り返す事で、より繊細な車両感覚を身につける事ができます。

スポンサーリンク

夜間における後方の車両感覚の確認方法

夜間でのバックは、ある意味昼間のバックより簡単です。
ATの場合クリープで徐行しながら、ブレーキを軽く踏み続けます。そうする事で、壁に自分のブレーキランプが投影されます。
このブレーキランプの投影を目安に、光の拡散が大きければ壁は遠くにあり、拡散が小さければ接近している事が分かります。

ドアを開けてバックするのは危険

ドアを開けて車両位置を確認しながらバックする人がいますが、これは危険なのでやめてください。
ドアが風にあおられ、人や物を引っ掛けたり、自分が挟まれたりと様々な事故の原因となるからです。
また、最新の車ではドアが開いていると、安全の為に後退できないような構造になっている車もあります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

謎のアクセス減少地獄継続中!(2017年11月)

※記事を何百件入れてもドンドンアクセスが下がるので、記事更新を1にして、余力で過去記事の修正をしようかなあと思案中です。