【コラム】座り心地の良いシート


スポンサーリンク

日本車のシート

ぼくは若い時から腰が悪くて、車を長時間運転すればいつも腰痛に悩まされていました。
最初のギャランでも、ランバサポートが一応装備されてはいましが気休め程度の効果しかなく、いつも腰を浮かしたり止まって休憩したりしながら運転していました。
昔の日本車は体圧のコントロールがおかしく、腰の真ん中当たりに力が集中する構造のシートが多かったような気がします。
ちょっと、近くまで移動する分にはふわっとしてて座り心地もいいのですが、長時間移動にはまったく向きません。

その後、プレリュード、ランティスと乗り換えたのですが、このマツダのランティスのシートはバブル期の設計だったこともあり、作りが本当にがっちりとしていて、高品質でドイツ車的なすばらしいシートでした。

ただ、このシートはファブリックの生地表面にラバー素材が編み込んであり、ルーズな姿勢で運転するとなかなか姿勢が変えづらく、かえって疲れてしまうという、常にドライバーに正しい着座姿勢を求める厳しいシートでもありました。

その次は、2台のレガシィを乗り継いでいますが、どちらもサイズがたっぷりしていて、ストロークと厚みもあり腰痛になりにくいシートです。
車を選ぶ際には、自分が腰痛持ちだということもあり、シートについてじっくり時間を掛けて調べています。

このように、最近の日本車でもじっくり選べば、腰痛になりにくい良いシートを見つけることができます。
といってもやはり日本は畳の国です。椅子生活の長い歴史を誇るヨーロッパの車には、まだ一歩及びません。

スポンサーリンク

ヨーロッパ車のシート

ヨーロッパといってもそれぞれの国やメーカーによって、シートの作りにもそれぞれ特徴があります。
ドイツのメルセデスベンツは、がっちりした厚みのある固いシートをつくり、乗り心地は精度の高いサスペンションでコントロールするという考えです。快適かつ、正確で重厚な乗り味はここから生み出されています。
同じくドイツのVWのシートも素晴らしく、たっぷりしたクッションの上にがっちりとしたゴムを乗せた構造です。
そこそこのコストで、最大限の乗り心地を得る事ができます。

これが、フランス車となると少し考え方が違います。
ルノーは、クッションと上質なラバーを組み合わせ、人間が座ると少し沈んだところで、バランス良く体圧を分散するという構造です。
このルノーの乗り味は下のグレードから、上級まで統一されています。
またプジョーは、どちらかといえばドイツ車的な硬めのシートです。
しかし硬めの引き締まったシートでありながら、段差を通過する際はサスの働きにより、しなやかに「いなす」という独特の乗り味です。
昔のプジョーの足回りは柔らかく「猫足」と例えられたものですが、その伝統が形を変えて引き継がれているんですね。

スポンサーリンク

シートの確かめ方

車のシートの善し悪しというのは、その人それぞれの身体との相性による部分が大きいです。車の使い方も違えば、好みも違います。
実際みなさんが車を選ぶ際には、ぜひ試乗でシートを試してみる事をおすすめします。
停車中と運転中では印象が違ってきますので、ただ座ってみるだけではなく、車を走らせながら確認してください。
シートは、車の中で一番多く身体が触れているパーツです。いくらじっくり選んでも損はありません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)