名車ダイハツ・コンパーノ、「東京モーターショー2017」でコンセプトカー「NDコンパーノ」となって復活!【ニュース】

2017年11月27日から開催されている「東京モーターショー2017」で、ダイハツ工業株式会社は、かつて自社で製造販売していた名車「ダイハツ・コンパーノ」をモチーフにしたコンセプトカー、「NDコンパーノ」を発表しました。

Daihatsu unveiled no less tha five concept cars at once at the 2017 Tokyo Motor Show. They are topped off by the good-looking DN Compagno, which is a retro-referencing four-door saloon-coupe, with the most appealing roofline that looks like it’s come straight from Nissan’s much-missed Pike Factory.

引用:CAR Magazine website

スポンサーリンク

「DN」には、新生代ダイハツの意味が込められる

今回ダイハツは、「東京モーターショー2017」において5つのコンセプトカーを発表しています。

そのコンセプトカーの中で、この「DNコンパーノ」は、1963年にダイハツが発売した「ダイハツ・コンパーノ」をモチーフにした車です。名前に含まれる「DN」は、「DAIHATSU NEWNESS」の事で、その名の通り「新世代のダイハツ」という意味が込められています。

名車「ダイハツ・コンパーノ」とは

「DNコンパーノ」のモチーフとなった、「ダイハツ・コンパーノ」は、それまで軽自動車メーカーだったダイハツが、1963年に乗用車市場へと打って出るために開発した車です。スタイリングは、イタリアの名門デザイン・カロッツェリア「ヴィニャーレ」によって行われ、コンパクトなボディを活かした小気味いスタイリングに仕上がっていました。

※東京モーターショーの会場では、2台同時に並べて展示されています。

スポンサーリンク

「DNコンパーノ」の概要

パワーユニットには、1.0Lダウンサイジングターボと、1.2L&電気モーターによるハイブリッドシステムが用意されます。

前席を優先した2+2のパッケージングで、仕事を引退したシニア世代が、第二の人生を楽しみながら過ごせるようにと設計されています。

スポンサーリンク

外観

逆スラントしたノーズや、切り立ったAピラーに「ダイハツ・コンパーノ」の面影が見え隠れします。「シューティングライン」と呼ばれる流麗なスタイリングが与えられ、レトロな雰囲気とモダンさを併せ持つキュートなスタイリングです。

フロント

重厚感のあるなめらかなノーズに、スイフトによく似た涙型のヘッドライトを装備。大きなグリルと相まって個性的な表情をもたらしています。

サイド

切り立ったAピラーから発生したルーフラインが、リアエンドになめらかに融合して、美しいファストバックスタイルを構成しています。レトロフューチャーな雰囲気満点のサイドビューです。

リア

ルーフ全体を覆う大きなガラスがリアエンドへとなめらかに一体化しています。ハイデッキ化されたヒップラインと、L字型の小さなリアコンビランプが組み合わされ、キビキビとした印象のリアビューです。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)