上手なタイヤの買い替え方【DIY】

アウディA3のタイヤ

車に装着されているタイヤは、はがき一枚程度の大きさだけで、大きな車のボディを支える重要なパーツです。

しかも走行中は、このボディの重さに加えて加速や減速、コーナリングなどの様々な力が複雑に影響しあいます。

そのため、タイヤが摩耗したり劣化して本来の性能を発揮できなくなった場合は、なるべく早く新しいタイヤと交換する必要があります。

秋ろーのオススメとしては、「なるべく純正タイヤに近い性能のタイヤを、タイヤショップや格安ショップで購入する」というものです。

スポンサーリンク

新車装着の純正タイヤは割高

新車の時に車に装着されているタイヤは、タイヤメーカーが自動車メーカーと共同で開発した専用のタイヤです。市販品と同じ銘柄が付いているからといっても、その性能や構造は大きく違います。さらに新車のコストを抑えるため、一般的には市販品よりも原価が安いものが多いです。

この新車装着時のタイヤを購入するには、ディーラーに注文するしかないのですが、その価格はびっくりする程高く設定されています。加えて製造原価自体は市販品よりも安いのですから、わざわざ割高なこの純正タイヤを購入する人はほとんどいません。

そこで多くの人が利用するのが、格安タイヤショップやタイヤメーカー直営のショップです。

タイヤショップの選び方については、以前の記事でも解説していますので良かったら御覧ください。

参考:次のタイヤはどこで買う?上手なタイヤショップの選び方【点検とメンテナンス】

スポンサーリンク

幅の広いワイドタイヤ

タイヤショップへ入って店頭に並ぶタイヤを見ていると、「どうせならカッコいいワイドタイヤに替えてみたい!」という衝動が沸き起こってくるかもしれません。

確かに純正タイヤよりも幅の広いワイドタイヤに替えれば、ぐっと安定感や力強さが出てカッコよくなります。しかし車のハンドリングや乗り心地は、色々な要素が複雑に絡み合った緻密なセッティングの上に成り立っています。

この中でも重要な要素であるタイヤのサイズを安易に変更してしまうと、多くの場合、車のバランスは悪い方へと崩れていきます。

特にワイドタイヤに替えた場合は、グリップが増してハンドリングが重くなったり、轍にハンドルを取られやすくなるといった悪影響が考えられます。

こういった悪影響を最小限に抑えるには、ワンサイズ程度のワイド化に留めておく方が無難です。

スポンサーリンク

ホイールのインチアップでさらにカッコよく!

また、この他に車の見た目をカッコよくする方法としては、ホイールの径を大きくしてタイヤの厚みを薄くする「インチアップ」というカスタマイズ手法も人気です。

インチアップをすれば、車の見た目がぐっと引き締まり、ワイドタイヤ以上にカッコよくなります。

反面、ハンドリングや乗り心地に与える影響もワイドタイヤ以上です。キビキビとしたクイックなハンドリングを実現すると共に、ゴツゴツとした不快な衝撃を車内に伝えるようになります。

こういった悪影響を最小限に抑えるには、ワイドタイヤの時と同様にワンサイズ程度のインチアップに抑え、交換するタイヤは乗り心地重視の「コンフォートタイプ」がオススメです。コンフォートタイプのタイヤは、乗り心地が良い事に加えて価格も安く、タイヤ寿命が長いという特徴があります。加えて燃費も良くなりますので、トータルで経費を安く抑える事ができます。

タイヤ交換は専門知識の豊富なショップがオススメ

車やタイヤはメーカーで開発される時に、様々な要素を考慮して、あらゆる場面で最適な動きをするように繊細なバランスの上に成り立っています。

これを素人が安易な考えで変更してしまうと、後でどんな不具合がでるかは予想も付きません。

そのため、タイヤやホイールを交換する際には、知識と経験が豊富な信頼できるショップにお願いするのが一番です。特に、初めて「インチアップをする」という人の場合は、安さに釣られてネットショップで購入するのではなく、交換前にしっかりと相談のできるショップで購入した方が無難です。

信頼できるショップの選び方については、以前の記事でも紹介していますので、良かったら御覧ください。

参考:ドレスアップやチューニング、ショップを選ぶ時の注意点【カスタマイズ】

参考:上手な整備工場の選び方【点検とメンテナンス】

「詳しい知識も無いし、信頼できるショップも近くに無い」という場合は、なるべく新車装着タイヤに近いタイヤをタイヤショップや格安ショップで購入するのが一番です。

多くの場合、市販品にも新車装着タイヤと同じ銘柄のタイヤがラインナップされています。もし同じ銘柄が見当たらない場合は、スポーツ、コンフォート、エコなどの同じジャンル内から選べば問題ありません。ただし、日本メーカーのタイヤから欧州メーカーに替えると、タイヤの剛性感が大きく変わり違和感を感じることもあります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)