キャプテンシートとベンチシートの違い(ミニバンのセカンドシート)【コラム】

キャプテンシートとベンチシート

ミニバンのセカンドシートには、2人掛けでそれぞれ左右に独立した「キャプテンシート」と、3人掛けで横に繋がった長椅子形状の「ベンチシート」があります。

ミニバンの大きなメリットに「沢山の人を積むことができる」というものがありますが、シート仕様の変更によって搭乗人数が変われば、使い勝手にも大きな影響があります。そのため、初めてミニバンを購入する時には、どちらのシートを選択すればいいのか悩んでしまいますね。

秋ろーとしては、ゆったりとした座り心地の「キャプテンシート」をオススメしたいのですが、人によっては「ベンチシート」の方が良いという人もいるでしょう。

そこで今回は、このふたつのシート仕様について、それぞれの特徴とメリット、デメリットを詳しく解説したいと思います。「これからミニバンを買う」という人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ゆったりとした座り心地なら、キャプテンシート

キャプテンシートとベンチシートの一番大きな違いは、セカンドシートに座れる人数です。ベンチシートには3人座れますが、キャプテンシートには2人までしか座ることができません。

しかし、その分キャプテンシートは一人一人のシートが独立しています。シート形状にも適度なくぼみがあり、乗員の身体を左右の揺れからしっかりと支えてくれます。

また、シート間にはたっぷりとしたスペースが確保され、このおかげでゆったりとしたかけ心地が味わえるのも、このキャプテンシートのメリットです。

その他には、セカンドシートからサードシートへのアクセスも簡単です。また、片側のシートだけを折り畳むことで、そのスペースを簡易的な荷室として長尺もの(自転車やスキー板など)を積むことができます。

シートの間に大きな隙間ができる事によって、サードシートからの見晴らしが良くなるといった事もあります。

また、キャプテンシートはベンチシートよりも上級グレードとして位置づけられることが多く、その場合は、シートの作り自体がフロントシート並に上質なものとなります。最近では、電動でせり上がるオットマン(足枕)が装備される車種もあり、ファーストクラス並の乗り心地を備えています。

スポンサーリンク

人を乗車定員ギリギリまで乗せる事が多いなら、ベンチシート

これに対してベンチシート最大のメリットは、同時に3人まで乗車できる点にあります。いつも乗車定員ギリギリまで乗せる事が多いという人は、多くの人数を一度に運ぶことのできるベンチシートがオススメです。

全てのシートを倒してフルフラットにする事が多いという、車中泊派の人にもベンチシートがピッタリです。キャプテンシートに比べてシートの隙間が少ないため、快適な寝心地が得られます。

ただし、ベンチシートの場合はシート形状が平板となるため、乗り心地ではどうしてもキャプテンシートにかないません。

スポンサーリンク

まとめ

このようにキャプテンシートとベンチシートには、その形状によって使い勝手に大きな違いがあります。人を乗車定員ギリギリまで積むことが多いという人には、ベンチシートがオススメですが、セカンドシートにゆったりと座りたい人には、キャプテンシートが良いでしょう。

「普段は4人くらいまでしか乗らないが、もしもの時に備えて沢山乗ることのできるベンチシート仕様を購入しておこう」などと欲張ると、一年中座り心地の悪いシートで我慢を強いられる事になります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)