新型 スバル シフォン カスタムR リミテッド スマートアシスト【試乗評価】バランス良さが光るスーパーハイト系ワゴン [DBA-LA600F]

スバルシフォンのフロント

※写真はベースとなる、「ダイハツ タント カスタム」です。

今回は「新型 スバル シフォン カスタムR リミテッド スマートアシスト」を試乗レポート。
2016年に登場したスーパーハイト系ワゴンの軽自動車です。

ベース車輌は「ダイハツ タント カスタム」が使われますが、内容自体に大きな違いはありません。スバルのバッジを付ける事で「シフォン」としてOEM販売されます。

スポンサーリンク

外観

全長3395mmX全幅1475mmX全高1750mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2455mmとなります。

両側にスライドドアが装備される5ドアハッチバック。ダイハツ・タントとの大きな違いはありません。

フロント

大きな開口部を持つシングルフレームグリルに、ゴージャスなメッキモールドが組み合わされ押し出し間の強い外観です。

サイド

前後ギリギリまで追いやられたタイヤ・ホイール。切り立ったAピラー(一番前の柱)に大きなキャビン。どっしりとした道具感あふれるサイドビューです。

リア

スバルシフォンのリア

専用リアバンパーに、メタリック調のリアガーニッシュ。専用の配光パターンが施されたリアコンビランプが組み合わされ、存在感のあるどっしりとしたリアエンドを形づくっています。

スポンサーリンク

内装

左右リアドアは両方ともスライドドアになります。右側にはセンターピラー(キャビン中央の柱)が残りますが、左側はセンターピラーの無い大きな開口部(1490mm)を確保しています。そのため、大きな荷物の積み下ろしやお子さんの乗り降りも快適に行えます。

各種小物入れも豊富に用意されいます。細々とした荷物を沢山積む事の多い、子育て世代に喜ばれそうな配慮があちこちに見て取れます。

また、スーパーハイト系ワゴンならではの特徴として、圧倒的に高いルーフがあります。それに伴って、前後席ともに広々とした頭上空間を実現しています。

加えて、かなり前方に立ち上がった状態でフロントウィンドウがレイアウトされます。その御蔭で、フロントシート乗員の目前には広々とした空間が拡がります。

シート

フロントシートは、適度なストロークのある快適な座り心地です。中距離(30km)程度であれば、腰が痛くなることもありません。

助手席のシートバックを前に倒して折りたたむと、小さなミニテーブルになります。浅いカップホルダーや窪みが設けてあり、軽い食事や小物を置くのに便利です(停車中の使用に限られます)。

リアシートは、フロントほどのストロークはありませんが、軽自動車としては問題の無いレベルです。

ボディの四隅ぎりぎりに配置されたタイヤにより、軽自動車としては最大級のロングホイールベース(前タイヤと後ろタイヤの軸間距離)を実現。それにより、後席の足元にもたっぷりとした余裕があります。

荷室

荷室のフロア高が、地上から595mmの高さに抑えられ、力の無い女性や高齢者でも簡単に荷物の出し入れが可能です。

荷室容量はそれほどでもありませんが、リアシートを折りたたむことで、段差の無いフラットで広大なカーゴスペースを作り出すことができます。

静粛性

タウンユースでは、充分な静粛性が確保されています。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

658ccの直列3気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、52ps/6800rpmの最高出力と、6.1kgf・m/5200rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量940kg。JC08モード燃費は、28.0km/lとなります。

エンジン

658ccのツインカムエンジンで、前輪を駆動します。軽自動車としては重いボディに、非力な自然吸気エンジンですから、トルク不足はいたしかたありません。出足はもっさりとしており、合流加速や急な上り坂ではターボエンジンが恋しくなります。

といっても市街地など日常領域でゆるゆると走る分には、そう大きな不満はありません。

トランスミッション

非力なエンジンを補うため、加速時は低いギアを保ってエンジン回転も上がり気味です。といっても音や振動が不快に高まることはありません。スムーズで実用的なトランスミッションです。

足回りとハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションが装備されます。

足回り

やや硬めの引き締まった足回り。低速域ではゴツゴツとした衝撃が車内に伝わります。

燃費性能向上のために空気圧の高められたタイヤ。背の高いボディを安定させるために引き締められた足回り。といった複雑な事情を考えれば許容できる範囲です。また、リアの接地性が高く、高速域でも安定しています。

ハンドリング

緩やかなロールを伴うものの、ロールの出方が自然で予想がつきやすいため不安な印象はありません。

ドライバーの操作に対して自然に車体が向きを変えるため、スーパーハイト系ワゴンにしては違和感の無いハンドリングです。

評価のまとめ

軽自動車の製造を取りやめたスバルのために、ダイハツが製造してOEM供給するモデルです。ベース車両には「ダイハツ・タント カスタム」が使われますが、内容にも大きな違いはありません。

大きなスーパーハイト系ワゴンに、非力な自然吸気エンジンが組み合わされるため、絶対的な出力は少々不足気味です。ただし、市街地など日常領域で大きな不満が出るほどではありません。もっと力強い走りが必要なら、上位グレードの「RS」をオススメします。

スーパーハイト系ワゴンの複雑な制約条件の中、乗り心地やハンドリングは上手くバランスが取られており大きな不満はありません。

また、室内には子育て世代に喜ばれそうな工夫が至る所に施されており、日常の道具としての使い勝手も良好です。

普段、子供の送り迎えや近所の買い物、中距離(30km)程度までの用事に頻繁に使う事情があるという人にピッタリな車です。加えてこのカスタムには、ノーマル仕様にはない適度な押し出し感もあります。そのため「目立たない程度のちょっと厳つい外観が好み」という人には嬉しい選択肢となります。

価格

価格 | 1,652,400円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)