高速コーナリング(が怖い時)のコツ | 高速道路【運転のコツ】

高速道路では普段の下道より巡航速度が速いため、周りの運転に合わせて走っていると「怖さを感じる」といって苦手にしている人も多いようです。

特に「高速コーナー」では、大きなコーナーをいつもより速い速度で、しかも長い時間を掛けて曲がることになるため、より強く恐怖感を感じてしまうようです。

そこで今回は、この高速道路にある高速コーナーを、「安心して安全に曲がるためのコツ」を伝授したいとおもいます。

スポンサーリンク

高速道路ではある程度まわりの流れに合わせて走る

高速道路の制限速度は多くの場合、80km/hか、100km/hに設定されています。ただし、設計上は安全マージンを取って、140km/hほどで走行出来るように作られています。

そのため、100km/hの制限速度が設定されている場所であっても、それ以上の速度で全体が流れていることがあります。

こういった場合、道路交通法で決められているからと、頑なに100km/hで走っていると、次から次へと後続車に抜かれることになり、かえって「交通事故のリスクが増えてしまう」という理不尽な状況になります。

ですから数キロ程度の速度超過であれば、あえて周りの速度に合わせて走る方が事故のリスクを減らすことになります。これは、周りの交通量にもよりますので、ケースバイケースで判断してください。

スポンサーリンク

高速コーナーが怖い理由

少し早い周りの速度に合わせて走っている時、一番問題となるのが、先程の「高速コーナー」の走り方です。

高速コーナーが怖いのは、巡航速度が速いにも関わらず、普段下道を走っている時と同じように、近くの物を見ながら走っているからです。

50km/hの時に5m先の物が自分の場所に来る時間と、100km/hの時に5m先の物が自分の場所に来る時間を比べてみれば、どちらが速度を体感しやすいかはすぐに納得していただけると思います。

そのため、高速コーナーでは自分のすぐ側ではなく、目線を遠くにやり、コーナー出口付近を見つめます。具体的には、左側のラインの一番先端を見ればちょうど良いと思います。

スポンサーリンク

減速はコーナー進入前に終わらす

また、高速コーナーが怖ければ無理をせず減速しても構いません。ただし、急激に減速するのではなく、コーナーに進入する前に走行車線に移り、じわじわと目的の速度までしっかりと減速してから、コーナーに進入するようにしてください。コーナリング中は車体が不安定なため、急激に減速すると前輪に荷重が偏って、車体が不安定になるからです。

逆にコーナリング中、速度に合わせてわずかにアクセルを開けていると、4輪にしっかりと荷重(トラクション)が掛かり、車体の安定性を高めることができます。

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜)