六角レンチとは【工具の紹介】

六角レンチとは、「丸い頭に六角形型の凹みがつけられたボルト」を回すための工具です。自動車ではそれほど沢山の箇所で使われませんが、特殊な工具であるため、これがないと「六角形型の凹みがつけられたボルト」を回すことはできません。

先端形状には標準的な「棒の先端に六角形の形が付けられたもの」と、斜めからボルトにアプローチできる「ポールジョイント」タイプの2種類があります。普通のレンチと同じように、ボルトの大きさに応じて色々なサイズがあります。

六角レンチ自体には、「ソケット型」のものや、「L字型ハンドルタイプ」、「T字型ハンドルタイプ」、「ドライバータイプ」、万能ナイフのようにグリップに何種類かの六角レンチロッドが収納された「折りたたみタイプ」などがあります。

スポンサーリンク

使い方

六角レンチの使い方に特別な技術は入りません。ボルトの六角型の凹みにしっかりと奥まで六角レンチをはめ込み、がっちりと両者が噛み合った状態で六角レンチを回します。普通のレンチやドライバーと同じようにボルトを緩めたり締め付けたりといった事ができます。

ソケット型の六角レンチは、各種アタッチメントや、電動ドライバーなどと組み合わせて使いますが、電動ドライバーは人間が回すよりもトルクが大きく回転も速いため、電動ドライバー専用の「ソケット型六角レンチ」が必要です。

「六角形型の凹みがつけられたボルト」を回す以外にも、ブレーキのピストンを押し戻すためにこの「六角レンチ」が必要となる車種もあります。

スポンサーリンク

使用上の注意点

六角レンチは先端の「レンチ部分」が小さくそれを受ける側の「ボルト径」も小さいため、サイズが合っていなかったり、しっかりとレンチがボルトに噛み合っていない場合は簡単にボルトやレンチを破損してしまいます。そのため作業の際は、レンチのサイズがボルトにぴったりと合ったものを選び、がっちりと両者が噛み合った状態で丁寧に「六角レンチ」を回してください。

サイズがピタリと合っていると、ボルトを外した後でもレンチにくっ付いてきますので、非常に作業がやりやすくなります。

特にレンチ部分が極小のものは、先端のサイズに比例して強度も弱くなるため細心の注意が必要です。中にはボルトが硬く固着しているからと、ハンマーで叩いて外そうとする人もいますが、このように大きな力を掛ければ簡単にボルトやレンチを破損してしまいます。

また、ボルトやレンチ部分に亀裂や摩耗が見られる時には使用しないでください。ボルトやレンチを破損することがあります。一度ボルトの凹みを舐めてしまうと、ボルトの形状が丸くて小さいために、どうやってもボルトを外すことができなくなります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)