ラリーの花形、スペシャルステージ(SS)とは【ラリー入門】

スペシャルステージはその頭文字を取って「SS」と略して呼ばれることもあるラリー競技の花形ステージです。純粋に「速さ」を競って行われる競技であるため、初めてラリーを見る人でも十分楽しむことができます。

競技には林道や私有地、イベント用の道路など一般の道路と離れたコースを使い、一般車両が進入できないように厳重な通行制限をかけた上で行われます。

スポンサーリンク

スタートは一台ごとに

また、コースがサーキットのように幅が広くないので、スタートは一分ごとの間を空けて一台ずつ行われます。そのため、F1のような普通のモータースポーツで見られる「抜きつ抜かれつ」といった類いの面白さはありません。ただ、荒れた狭い路面を車体を斜めにしながら高速で激走する姿は、他のモータースポーツにはないラリーならではの醍醐味といえます。

ラリー雑誌やニュース記事で見られるラリーカーによる大迫力の走行シーンは、このスペシャルステージで撮影されたものがほとんどです。

スポンサーリンク

SSで競われるのは「所要時間」の短さ

速さを競うといっても重要なのは「最高速度」だけではなく、そのスペシャルステージをどれだけ短い時間で走り抜けられたかという「所要時間」が一番のポイントとなります。この所要時間はそのまま点数化され、ラリーの最後に全体の点数と併せて減点されることになります(600秒なら-600点)。つまり、速く走れた人はそれだけ減点数も少なくなるというわけです。

スポンサーリンク

SSではドライバーとナビゲーターの協力が不可欠

ラリーにおけるドライバーの仕事は言うまでもなく「いかに速くそして正確にゴールまで走りきるか」ということに尽きます。そのためラリードライバーには、最大限の集中力と高度な技術を要求されます。

そのラリードライバーの仕事を助手席から支援するのが「ナビゲーター」という仕事です。ナビゲーターはドライバーがその持てる能力をフルに使って走りに集中できるように、正確なコース情報伝達や時間計算などを行います。

自分でペースノートを作る

WRCなどのように、レースの前に試走(レッキ)が許されている場合は、レースの前日にあらかじめコース情報を収集し、直線の距離やコーナーの方向と角度などを記述した「ペースノート」と言われるメモを制作します。

このペースノートはレースの前に主催者から渡される「コマ地図」とはまったくの別物で、各ナビゲーターとドライバーが一番使いやすいように独自の情報を書き込むことができます。

ナビゲーターはこのペースノートを使って正確なコース情報をドライバーに伝え、速くて無駄のないラリーカーの走行を支援します。

SSでの観戦ポイント

WRCなどの世界的なラリーでは、SSコース上での観戦が許されています。何も遮る物の無いコース上で直接ラリーカーを観戦できるのですから、その迫力は他のモータースポーツでは味わえない桁違いのものです。

日本で開催されるラリーのSS(スペシャルステージ)でも主催者が観客席を設置している場合に限り、コース上での観戦が許可されています。ただ、コース上のどこからでも見て良いという事はありませんので、観戦の際はくれぐれも主催者への確認を忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時頃にかけてを予定しています。

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)

切れ痔がぶり返してきたー!(2018年10月)

フランスモーターショー行きたい(2018年10月)