【ドライブ観光マップ】奥大山 鏡ヶ成 湿原地帯(鳥取県日野郡江府町鏡ヶ成)

今日は暑かったので、鳥取県の日野郡江府町にある「鏡ヶ成」に行ってきました。

スポンサーリンク

山陰地方有数の避暑地

ここ「鏡ヶ成」は、山陰地方有数の避暑地「蒜山〜大山」地域の一部で、シーズンになると中国地方全域はもとより、関西地方からも多くの人が訪れます。また、スキー場が併設されているため、冬になるとスキーヤーやスノーボーダーで賑わいを見せます。

ここは、真夏でも山越えの風がひんやりと冷たいので、夏暑くなってくると毎年、2、3度は訪れるほど、お気に入りの場所です。

この地域には、紹介したい場所がたくさんあるのですが、今回は、夏、暑い日に歩くと気持ちの良い、鏡ヶ成の「湿原地帯」をご紹介します。

奥大山休暇村

同じ敷地内に、「休暇村奥大山」と「鏡ヶ成スキー場」があるので、こちらを目指してドライブすれば、わかりやすいと思います。

休暇村奥大山の芝生広場

湿原地帯に入る前に、「休暇村奥大山」の芝生広場が気持ち良さそうだったので、ちょっとウロウロしました。すでに、湿原地帯から吹き込む涼風でとっても涼しいです。

湿原地帯の案内板

湿原地帯の入り口は、休暇村奥大山とスキー場の間にあります。木製の案内板があるので道に迷うことはありません。

スポンサーリンク

湿原地帯にゴー!

湿原地帯への脇道 湿原地帯の木道

案内板に沿って、舗装された道から、脇道に入りしばらく歩くと、湿原地帯の「木道」があります。この「木道」は、人間から自然を守るために設置してあるものですから、くれぐれも、「木道」から湿原に降りたり、草木を採取したりすることのないように、マナーよく自然を楽しみましょう。

湿原地帯の案内図

湿原地帯の案内図です。全体の概要が地図によって分かりやすく書いてあります。

湿原地帯のノハナショウブの説明 湿原地帯のノハナショウブ

早速美しい花に出会いました。解説によると「ノハナショウブ」という名前だそうです。紫色の花びらが鮮やかですね〜。

湿原地帯の白い花

これは何という花でしょう?近くに「トキソウ」の説明板がありますが、形が少し違うようです。

踊る女性のような花

踊るドレスを着た女性のような花です。ちょっと妖しげな雰囲気ですね〜。これ以降登場する花の名前が全くわかりません。詳しい人がいたら教えてください。

湿原地帯の木道の途中

木道はまだまだ続きます。

湿原の黄色い花

黄色い可愛らしい花です。どうも6、7、8月あたりは、色々な花が咲いているようです。涼を得るにも最適なので、この時期の湿原地帯の散策は最高です。

湿原の黄色い花その2

またまた、黄色い花です。

湿原の細かい小さな黄色い花

この時期は黄色い花が多いようです。

湿原地帯の木道の終わり

あっ、木道が終わりました。ここまで、のんびり歩いて30分ほどの行程です。さっさと歩くと20分もかからないでしょう。

鏡ヶ成スキー場

出口には、鏡ヶ成スキー場がありました。シーズンオフのため、リフトも動いていません。道に迷ったら、このリフトを目印に進むといいでしょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

猛暑のおかげでしつこい「切れ痔」も徐々に回復。病院にいくのは恥ずかしいのでこのまま自然治癒してくれ!(2018年7月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)