世界初!ターボチャージャーを搭載したラリーカー【ラリー】


シトロエンDS3 WRC

現代のラリーでは、ターボチャージャーはごくありふれた技術ですが、この技術が始めてラリーカーに装備されたのは、スウェーデンの「サーブ・ターボ(サーブ 99 ターボ ラリー)」からです。

このサーブ・ターボは、1978年12月に開催されたRCAラリーに、G4仕様のラリーカーとして参加しています。

G4仕様はエンジンの改造幅が幅広く認められたカテゴリーであったため、ターボによる強力なエンジンを積むことが可能だったのです。

このエンジンにはターボ過給によって255馬力という強力なパワーが与えられていたのですが、フロントのドライブシャフトがこのパワーに絶えきれず、この年はあえなく途中リタイアという結果に終わっています。

スポンサーリンク

ターボエンジンで初のラリー優勝

しかし、このサーブターボは再び翌年のスウェーデンラリーにも参加し、今度は総合優勝を飾っています。

この年のマシンは前年と異なり、最高出力240馬力に最大トルクが35.0km/mという僅かにデジューンされたエンジンが搭載されていました。

ドライブシャフトの強化と共にエンジンの出力特性を変え、最高出力よりも常用される中低速トルクを充実させていたのです。これによってマシンの耐久性を上げながら、実際のレーススピードも向上させるという一挙両得が可能になっています。

この時のエンジン出力は、よりカテゴリーの低いG2仕様に近いスペックでした。にも関わらず、その他のライバルを押さえつけて優勝を飾っているのですから、マシンの速さには最高出力よりも「そのステージに合った最適な出力特性の方が大切なんだな」とあらためて感じさせられるエピソードです。

スポンサーリンク

その後のラリーにおけるターボエンジン

その後ラリーにおけるターボエンジンは、アウディ、ポルシェ、ルノーなどによって幅広く採用されていき、今ではWRCの標準的な技術となっています。

全盛期の「三菱・ランサーエボリューション」や「スバル・インプレッサWRX」なども、個性的で魅力あふれるターボエンジンが印象に残っています。

現在発売されている「スバルWRX」は、メーカーが直接サポートするラリーカーとしては扱われていません。しかし、当時の技術を使った魅力的なターボカーとして現在にその技術を脈々と伝えています。

スポンサーリンク

ヤリスWRCに搭載されるターボエンジン

今年からWRCに再び挑戦を開始したTOYOTA Gazoo Racingの「ヤリスWRC」にも、380馬力の1.6リッター直噴ターボエンジンが搭載されています。

このヤリスWRCには、市販されるロードバージョンが予定されていますが、ロードバージョンには210馬力前後のターボエンジンが搭載されるのではという噂です。

コンパクトなヤリスのボディに、210馬力に過給されたターボエンジン+マニュアルトランスミッションとくれば、これはもう間違いなく楽しいに違いありません。

ラリーカーのターボ技術を手軽に楽しむ事のできる「ヤリスWRC」の市販、待ち遠しくて仕方がありませんね。

TOYOTA Gazoo Racingが、ラリー仕様の「ヤリスWRC(ヴィッツ)」と、これをベースとした市販車を発表!【ニュース】

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)