右ウインカー点滅の意味 | 高速道路【運転のコツ】


高速道路を走っていると、追い越し車線の車が、常時右ウインカーを点滅させながら走行していることがあります。

もちろん高速道路の追い越し車線は一番右にある車線ですから、そこからさらに右の車線に移動するという意味ではありません。

また、高速道路には右折するための交差点もありませんので、「右折の合図」をしているわけでもありません。

今回は、この「走行車線を走りながら右ウインカーを点滅させる意味」について解説します。

スポンサーリンク

目次

  • 一つ目は「追い越し車線を連続走行する」という意味
  • 二つ目は「前方に渋滞が発生しそうになっている」という意味
スポンサーリンク

一つ目は「追い越し車線を連続走行する」という意味

実は、この「高速道路での右ウインカー点滅」には2つの意味があります。

一つ目の意味は、「自分はしばらく追い越し車線を走るので遅い車はどいてください」という意味です。

そのため、後ろから速いスピードで「右ウインカーを点滅させながら」近づいてくる車があれば早急に進路を譲ったほうがいいでしょう。

もちろん「右ウインカーを点滅させながら追い越し車線を走る車が優先」という交通法規はありません。これは、意思を伝える方法の限られている車同士で、自然につくりだされたコミュニケーション方法の一つです。この方法は昔からよく使われているメッセージの伝え方ですので、ある程度運転経験のある人なら知っているかもしれませんね。また、頻繁に高速道路で使われていますので、意味を知らなくても見たことのある人は多いでしょう。

それ以前に、追い越し車線は速度の速い車が優先ですので、こういった合図を出されることのないように、追い越しが終わったら速やかに走行車線に戻るようにしたいものです。

スポンサーリンク

二つ目は「前方に渋滞が発生しそうになっている」という意味

これに対してもう一つの意味は、大型トラックやトレーラーなどが高速道路で使うものです。

大型トラックやトレーラーは自分のボディが大きいので、すぐ後ろにいる車両にしてみるとトラックから前の状況を掴みにくいという特性があります。

そのため、大型トラックやトレーラーは、前方が工事や事故で渋滞している時、ハザードを点滅させて「ここから前方に渋滞が発生しているので、僕はここで停車します」という意味を伝えることがあります。これは、普段からよく見られる方法ですので、知っている人も多いのではないでしょうか。

今回紹介する「右ウインカーの点滅」は、この「ハザード点滅による渋滞告知」を応用したもので、「ここから先に渋滞が発生しそうになっているから、僕はいつブレーキを踏んで停車するか分からないよ」という意味を伝えています。つまり弱い意味での渋滞告知をしているわけです。

ただこの方法は、走行車線で使うと「右に車線変更します」という意味にとられる可能性が高いので、追い越し車線でしか使う事はできません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)