新型 ホンダ・ジェイド RS【評価レビュー】スポーティな走りが特徴のスタイリッシュ・ミニバン [DBA-FR5]


ホンダ・ジェイド RSのイメージ

今回の【評価レビュー】は「新型 ホンダ・ジェイド RS」。
2015年に登場した、Mクラスのミニバン(5ドア)です。

ジェイドは中国市場(2013年発売)をメインターゲットとして開発されたミニバンで、キャラクターとしてはストリームとオデッセイの中間にあたります。

ロールーフミニバンというニッチマーケットに向けた商品のため、日本市場での売上は今ひとつですが、車自体はスポーティでかっこよくホンダらしい魅力にあふれています。

モデル構成は、1.5Lツインカムエンジン+電気モーターを搭載するハイブリッド仕様と、1.5L直噴ターボエンジンを搭載するガソリン仕様の二種。

「RS」はガソリン仕様に設定された唯一のグレードで、「RS(ロード・セーリング)」の名が示すように乗り心地を犠牲にしない気軽なスポーティグレードです。

基本となるプラットフォーム(基本骨格)はシビック用のモノ。これにルーフの低いボディを組み合わせ、スタイリッシュなロールーフミニバンを成立させています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【評価レビュー】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4650mmX全幅1775mmX全高1530mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2760mmとなります。

フロント

ホンダ・ジェイド RSのフロント

低く身構えたフロントノーズに、グリルと連結されたシャープなヘッドライト。ダイナミックなエアロバンパー。ホンダらしいスポーティなフロントフェイスです。

サイド

スラントした短いノーズから傾斜の強いAピラー(一番前の柱)、なだらかなルーフへと一体的に描かれたワンモーションフォルム。薄く前後に長いキャビン(居住空間)が組み合わされ、スタイリッシュで伸びやかなサイドビューを構成。

リア

小さく絞り込まれたキャビンに、傾斜の強いリアウィンドウ。鉤の手型のリアコンビランプ、左右を繋ぐメッキモールドが組み合わされ、軽快感あふれるリアエンドを形づくっています。後から見ているとまるでステーションワゴンのようです。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした樹脂に木目調パネル、メタリックパーツを組み合わせた上質な室内。

メーターはデジタル式で小さいですが、インパネ最上段にレイアウトされるため視線移動が少なくてすみます。輝度の高い自発光で、視認性も上々。

ナビゲーションなどを表示するインフォメーションディスプレイはセンタークラスター最上段。その下にタッチスイッチ式のエアコン。

Aピラーの傾斜が強く宇宙船のコックピットみたいですが、Aピラーの根本に大きな三角窓があるため、死角は最小限に抑えられています。

なだらかなボディ形状と低いドライビングポジションによって、ボディ幅がつかみにくいです。といってもノーズが短いため、実際の取り回し性に問題はありません。

シート

フロントシートは、プライムスムース(合皮)とファブリックのコンビシート。適度なサポート性があり、腰回りを包み込むように支えます。大腿部への圧力も一定で快適な座り心地を約束。

セカンドシートは、左右に独立したキャプテンシート(ロングスライド機構付き)。背もたれの高さ、座面の長さともに十分で身体を支える機能が高いです。頭上&足元空間には十分な余裕があり、大人二人で座っても窮屈感はありません。

サードシートは、平板な形状でサイズも小ぶり。座面と床の高さが足りないため、太ももがちょっと浮き上がります。といっても緊急用のシートですから問題はありません。

荷室

サードシートを展開していると、荷室には手荷物程度しか置けません。ただし、サードシートを折りたたんで4シーターとして使えば、ステーションワゴン並の容量となります。

静粛性

直噴エンジンにしてはノイズも小さく、車内の静粛性は上々。クラス標準以上の質感があります。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1496cc・直列4気筒直噴DOHCターボエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
最高出力150ps/5500rpmと、最大トルク20.7kgf・m/1600-5000rpmを発揮。

車両重量1510kg。JC08モード燃費は、18.0km/l。

エンジン

1.5Lのツインカムターボで前輪を駆動(FF)。ステップワゴン用エンジンを軽量なジェイドに搭載しているため、力強さは十分以上。低速から湧き上がるようなトルクに乗って、スムーズで軽快な走り出しをみせます。低速トルクを重視したステップワゴンに対して、ジェイド用な全域でリニアな加速を示すスポーティなセッティング。有り余るパワーを使った痛快な走りが可能です。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって無段階に変速するCVTを装備。エンジン回転ばかりが上がって車速が追いつかない、所謂「ゴムバンドフィール」は最小限。パドルシフトを使えば、瞬時にステップ絵変速を行います。ダイレクト感は控えめですが、スムーズなトランスミッションです。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。

乗り心地

装着タイヤは、215/50R17。

快適な乗り心地を重視したハイブリッド仕様から足回りのセッティングが見直され、適度に引き締まったスポーティな乗り味。といってもガチガチに固められているわけではなく、しっとりとした滑らかさがあります。

目地段差やジョイントでもゴツゴツとした不快な衝撃は最小限。マナーの良い足さばきで瞬時に収束させます。

重心の低い低床プラットフォームとスポーティな足回りによって、高速域でもまっすぐに直進。わだちに足を取られても進路を乱されにくいです。

ハンドリング

軽快感あふれるスポーティなハンドリング。重めに設定されたパワステによって、しっとりとした感触を再現。微小舵角から正確に反応して、ドライバーのイメージしたラインを外しにくいです。

操舵に合わせて、4つのタイヤそれぞれに軽くブレーキを掛ける「アジャイルハンドリングアシスト」を装備。コーナリング中の安定感やハンドリングの切れを高める機能です。

コーナーの連続するワインディングに持ち込めば、ミニバンとは思えない軽快な身のこなしでヒタヒタと走り抜けます。

最小回転半径は、5.5m。

その他

先進安全技術はミリ波レーダーと単眼カメラを使った「Honda SENSING」を搭載。

このパッケージには予防安全技術として「衝突軽減ブレーキ」や「路外逸脱抑制機能」、「誤発進抑制機能」。

運転支援技術として「アダプティブ・クルーズ・コントロール」や「車線維持支援システム」、「先行車発進お知らせ機能」といった機能を装備。

【評価レビュー】のまとめ

「ホンダ・ジェイド RS」は、低床プラットフォームに低いルーフを組み合わせた、スタイリッシュなロールーフミニバン。角度によってはステーションワゴンに見えるほどです。

ステップワゴン用のパワフルな直噴ターボエンジンに、RS専用のスポーティな足回りが組み合わされ、ミニバンとは思えないようなスポーティでしなやかな身のこなしを見せます。

ロールーフといってもミニバンには違いありませんから、室内には十分な広さも十分以上。サードシートを折り畳めば、ステーションワゴンのような使い方も可能です。

「家族のためにミニバンを探しているが、走りの楽しさも捨てられない」とか、「スタイリッシュなミニバンが欲しい」といった人に最適な車です。

中古車市場では

2017年式「ホンダ・ジェイド RS」で220万円前後。2015年式で180万円前後(2018年4月現在)。

価格

価格 | 2,530,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)