新型 ホンダ・フィット 13G S Honda SENSING(3代目)【口コミ・インプレッション】マイナーチェンジによってハンドリングと乗り心地が向上 [DBA-GK3]


ホンダ・フィットのイメージ

今回の【口コミ・インプレッション】は「新型 ホンダ・フィット 13G S Honda SENSING(3代目)」。
2013年にフルモデルチェンジした、コンパクト・5ドアハッチバックです。

初代フィットは、今ひとつ販売の振るわなかった「ホンダ・ロゴ」の後継車として2001年に登場したコンパクトカー。

日本の道路事情にマッチしたコンパクトなボディに、革新的「センタータンクレイアウト」による広々とした室内。ホンダが得意とするクラスレス感をともなった魅力的なスタイリング。低重心&優れた重量バランスによる高い運動性能が受けて、大ヒットとなったモデルです。

3代目フィットはその初代のコンセプトを受け継ぎつつも、まったく新しいプラットフォーム(基本骨格)が与えられ、さらに広々とした室内と燃費効率の良い走りを実現しています。

2017年には初のマイナーチェンジを実施。内外装の小変更と先進安全技術「Honda SENSING」の標準装備。ボディ剛性の強化や静粛性の向上、エンジンおよび足回りの改良などが行われています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【口コミ・インプレッション】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4045mmX全幅1695mmX全高1525mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2530mmとなります。

フロント

マイナーチェンジによってヘッドライトやグリル、フロントバンパーなどの形状を一新。スポーティでダイナミックな印象となりました。

サイド

短くスラント(傾斜)したノーズから連続的に繋がるルーフライン。近未来感あふれるスポーティなワンモーションフォルムを構成。ボディサイドには鋭いキャラクターラインが刻まれ、躍動感を強調しています。

リア

ダイナミックなフロントフェイスから一転して、リアエンドはスマートで大人しい印象。スムーズなつながりを見せるリアコンビランプに、薄いリアバンパーが組み合わされます。

スポンサーリンク

内装

プラスチッキーな樹脂にピアノブラック調センタークラスター。メタリック調パーツを組み合わせたシンプルな内装。メーターナセルには、大きな一眼メーターを装備(個人的には前期モデルの松本零士風メーターが好きです)。Aピラー(一番前の柱)の傾斜が若干キツイものの、柱の根本に大きな三角窓があるため死角は最小限に抑えられています。

ナビゲーションモニターは視線移動の少ない、センタークラスター最上段。ナビとエアコンはタッチパネル方式で、手探りでの操作が難しいです。

シート

フロントシートは厚みのあるクッションに肌触りの良い表皮、適切なサイドサポートが組み合わせた快適性の高いシート。腰回りから太ももまで面の力でしっかりと支えます。

リアシートはややクッションのコシが落ちるものの、足元、頭上空間ともに十分なスペースがあり、コンパクトカーではトップクラスの余裕があります。

荷室

荷室容量は363Lと、5ドアハッチバックとしては十分以上。これなら家族4人で2泊3日旅行も可能です。さらに背もたれを6:4で倒せば、大きく容量を拡大することも。

静粛性

室内にはしっかりと遮音対策が施され、静かなツインカムエンジンとあいまって高い静粛性を実現。

スポンサーリンク

エンジンとミッション

1317cc・直列4気筒DOHCエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、100ps/6000rpmの最高出力と、12.1kgf・m/5000rpmの最大トルクを発揮します。

車両重量1070kg。JC08モード燃費は、24.2km/lとなります。

エンジン

1.3Lツインカムエンジンで前輪を駆動(FF)。最大トルク発生が5000回転とやや高めですが、低速からフラットなトルクを発生するため力不足は感じません。1tあまりの軽量ボディとあいまってスムーズで必要十分な加速をみせます。特に低速域での滑走感は素晴らしく、スーッと滑るような走行フィールです。

トランスミッション

ベルトとプーリーを使って無段階に変速するCVTを装備。エンジン回転が先行して高まり、遅れて車速がだらだらと追従するCVT特有の「ラバーバンドフィール」は感じられません。リニアな反応を示す、スムーズなトランスミッションです。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪には車軸式サスペンションが装備されます。

乗り心地

特に際立った特徴こそ無いものの、適度に引き締まったバランスの良い乗り味です。

目地段差やジョイントでは路面の衝撃を拾いがちですが、そこからボディが大きく揺すられたり、不快な衝撃を発生することはありません。

低重心化された高剛性ボディに路面追従性の高いリアサスが組み合わされ、高い操縦安定性を実現しています。高速域でも横風の影響を受けにくく、まっすぐに直進します。

装着タイヤは185/60R15。

ハンドリング

低重心&軽量ボディにスポーティなサスが組み合わされ、軽快感あふれるシャープなステアリングフィールを実現。スッキリとした切れ味の良さは、フィットシリーズ最良。操舵に対する反応も正確で、ドライバーのイメージしたラインを素直になぞります。

最小回転半径は4.9mと小さく、狭い場所での切り返しがしやすいです。

その他

マイナーチェンジによって先進安全技術「Honda SENSING」を搭載。予防安全技術として「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」や「誤発進抑制機能」、「車線逸脱抑制機能」といった技術を。運転支援技術として「ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)」や「LKAS(車線維持支援システム)」、「先行車発進お知らせ機能」といった技術を装備。

【口コミ・インプレッション】のまとめ

「ホンダ・フィット 13G S Honda SENSING」は、広々とした室内とスタイリッシュな外観、優れた燃費効率を実現したコンパクトカー(5ドア)。マイナーチェンジによって、ハンドリングや乗り心地も向上し、加えて先進安全技術「Honda SENSING」が標準装備されています。

「コンパクトカーを探しているが、我慢して乗っている感じは嫌だ」とか、「コンパクトカーでもそれなりに走りを楽しみたい」といった人にピッタリな一台です。

中古車市場では

2017年式「ホンダ・フィット 13G S Honda SENSING」で170万円前後。2013年式「ホンダ・フィット 13G Sパッケージ」で120万円前後(2018年3月現在)。

価格

価格 | 1,790,640円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の更新がしばらく少なくなります(2018年4月)