新型 日産 エクストレイル 20Xi ハイブリッド(3代目)【口コミ・インプレッション】オンロード性能を重視したパワフルで上質な走り [DAA-HNT32]


日産 エクストレイル 20Xi ハイブリッドのフロント

今回の【口コミ・インプレッション】は「新型 日産 エクストレイル 20Xi ハイブリッド(3代目)」。
2013年にフルモデルチェンジした、MクラスのクロスオーバーSUV(5ドア)です。

先代エクストレイルは、直線を基調とした道具感あふれるスタイリングと高いオフロード性能が受けて大ヒットとなったモデル。

今回のモデルチェンジでは、その先代のコンセプトを一新。スマートで都会的なスタイリングが与えられています。デュアリスと統合されたこともあって、よりオンロード性能を重視したクロスオーバーSUVとして生まれ変わりました。

基本となるプラットフォーム(基本骨格)は、ルノーと共同で開発した新世代アーキテクチャー「CMF」。軽量高剛性ボディによって高い運動性能と優れた安全性能、エネルギー効率の良さを実現しています。

2015年には、待望のハイブリッド仕様も追加され、ガソリンエンジンとの二本立てとなりました。先代にあったクリーンディーゼル仕様はありません。

2017年にマイナーチェンジを実施。内外装の小変更と先進安全技術「プロパイロット」の採用、グレード体系の見直しなどが行われています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【口コミ・インプレッション】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4690mmX全幅1820mmX全高1730mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2705mmとなります。

フロント

先代のがっしりとしたフロントフェイスから一転して、伸びやかで上質なイメージ。大型化された「Vモーショングリル」やシルバーのスキッドガードが装備され、ちょっとゴージャスな感じもあります。

サイド

ふくよかな面で構成されたサイドパネルにダイナミックな形状の前後フェンダー。ボディアンダーカバー(ブラック樹脂)や17インチアルミホイール。高められた最低地上高が相まって、アウトドアテイストあふれるスポーティなサイドビューを表現。

リア

日産 エクストレイル 20Xi ハイブリッドのりあ

グラマラスなヒップラインに多角形型のリアコンビランプ。僅かに絞り込まれたキャビン(居住空間)、リアアンダーカバー(ブラック樹脂)、リアスキッドガード(シルバー)が組み合わされ、上質で力強い後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

内装

しっとりとした樹脂にピアノブラックパネルを組み合わせた、上質感あふれるシンプルな内装。

メーターナセルには視認性の高い大型二眼メーターを装備。ナビゲーションモニターはインパネ中段。エアコンは操作性の高いダイヤル・タイプです。

インパネが高くボディが曲線で構成されているため、車幅が掴みにくいです。ただし、アップライトなポジションからの視界は良好で、運転自体はしやすいです。

シート

フロントは、むちっとした表皮にコシのあるクッションが組み合わされた快適なシート。少し身体が沈んだところで、適切な圧力が発生して全身を支えます。

リアシートは、頭上および足元空間ともに十分なスペースを確保。大人二人で座ってもゆったりとした余裕があります。マイナーチェンジでスライド&リクライニング機構が装備され、使い勝手も向上。

荷室

荷室スペースは、幅、奥行き、高さともに十分以上。家族4人であれば荷物の嵩張るキャンプも余裕です。背もたれを4:2:4で倒すと、さらに荷室容量を拡大することも可能。バックドアを自動で開閉する「リモートオートバックドア」も備わります。

静粛性

室内には遮音材と吸音材がしっかりと施され、静かなハイブリッドシステムとあいまって、静粛性は高級サルーン並。

スポンサーリンク

パワーユニットとミッション

1997cc・直列4気筒DOHCエンジン+電気モーターに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
エンジンは、147ps/6000rpmの最高出力と、21.1kgf・m/4400rpmの最大トルクを発揮。
また電気モーターは、41psの最高出力と、16.3kgf・mの最大トルクを発揮します。
車両重量1640kg。JC08モード燃費は、20.0km/l。

パワーユニット

2.0Lツインカムエンジンと電気モーターによるハイブリッドシステムで4輪を駆動(フルタイム4WD)。出足からフラットなトルクを発生してスムーズに加速。1.6t以上の重量級ボディを軽々と押し出します。中高速域からの加速では、電気モーターが即座に立ち上がりスムーズでリニアな加速感を生み出します。アクセルに対する反応がとにかくダイレクトです。

マイナーチェンジによって、アクセルオフ時のエネルギー回生量が増え、エンジンブレーキが強くなったような印象。運転上の支障はありません。

トランスミッション

ベルトとプーリーによって無段階に変速するCVTを装備。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションを装備。

乗り心地

装着タイヤは225/65R17。

高剛性ボディにストロークのたっぷりとしたサスが組み合わされ、重厚感あふれるしなやかな乗り味を実現。

目地段差や橋脚ジョイントでは、しなやかなサスストロークを活かして鋭い衝撃をまろやかに吸収。ゴツゴツとした不快な衝撃を車内に伝えることはありません。

高速域での安定性も高く、ゆったりとした動きを活かして大型クルーザーのように直進します。

ハンドリング

ボディの低い位置にハイブリッド用バッテリーを搭載するため、大柄なSUVにしては比較的低重心でロール量も少なめ。穏やかで自然なハンドリングを持ちます。

ドライバーの操舵に素直に反応して、イメージしたラインを正確にトレース。「あわててステアリングを切り増す」なんて必要はありません。

最小回転半径は5.6m。大柄なSUVにしては取り回しがしやすいです。

その他

セレナに次いで、先進安全技術「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY(単眼カメラ+センサー)」を搭載。予防安全技術として「インテリジェント・エマージェンシーブレーキ(衝突時被害軽減ブレーキ)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」、「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」といった機能を。運転支援技術として「プロパイロット」や「ハイビームアシスト」、「インテリジェント・アラウンドビューモニター」、「インテリジェント・ルームミラー」といった機能を装備。

【口コミ・インプレッション】のまとめ

「日産 エクストレイル 20Xi ハイブリッド」は、トルクフルなハイブリッドシステムに、ストロークのたっぷりとした快適な乗り味、素直で穏やかなハンドリングを持つ都会派クロスオーバーSUVです。

マイナーチェンジによって顔つきが変わり、ちょっとだけ精悍な印象になりました。加えてレベル2の半自動運転を実現した「プロパイロット」システムも追加され、実用性能が大きく向上しています。

「オンロード性能を重視したクロスオーバーSUVを探しているが、最近のクーペ調SUVは室内が狭くて使いにくい」とか、「大型SUVで、パワフルなハイブリッド走行を味わいたい」といった人にピッタリな車です。

中古車市場では

2017年式「日産 エクストレイル 20X ハイブリッド」で200万円台後半。2015年式なら200万円台前半となります(2018年3月現在)。

価格

価格 | 3,277,800円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)