新型 トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS(3代目)【口コミ・インプレッション】マイナーチェンジによって乗り心地と静粛性が向上 [DAA-ZWR80W]


トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZSのイメージ

今回の【口コミ・インプレッション】は「新型 トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS(3代目)」。
2014年にフルモデルチェンジした、Mクラスのミニバン(5ドア)です。

広々とした室内と迫力のある外観。5ナンバーサイズを基本とする取り回しの良いボディと3列シートによって、日本市場で高い人気を誇るモデル。

兄弟車として、ほぼ同じボディを共有する「ノア」および「エスクァイア」があります。ただし「エスクァイア」はちょっとだけ上級志向であるため、装備内容や価格に若干の違いがあります。

ライバル車種は「日産セレナ」や「ホンダ・ステップワゴン」など。

5ナンバー枠におさまるベースグレードに対して、この「ZS」には迫力のあるエアロパーツが施され3ナンバーボディとなります。

2017年にマイナーチェンジが行われ、内外装の小変更と装備品の見直し、足回りなど機能面もアップデートされています。

※忙しくてあまり時間の無い人は、文末の「【口コミ・インプレッション】のまとめ」をどうぞ。

スポンサーリンク

外観

全長4710mmX全幅1735mmX全高1825mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2850mmとなります。

フロント

ヘッドライトとフォグランプベゼルが一体化され、よりダイナミックで力強い印象に。兄貴分にあたる「ベルファイア」のようなフロントフェイスです。

サイド

短いフロントノーズに大きなキャビン(居住スペース)。傾斜の強いAピラー(一番前の柱)が装備され、スポーティで力強い印象。

段差のあるサイドウィンドウ下端は、単調なサイドビューに変化を与えつつ、「斜め下の死角を減らす」という機能も併せ持ちます。

リア

四角いリアエンドに小さなリアコンビランプ。折り目正しいエアロパーツが装備され、シンプルでまとまりのある後ろ姿を構成。

スポンサーリンク

内装

水平基調でデザインされたシンプルで上質な室内。アッパーボックスやドリンクホルダーなど、各種小物入れも豊富で使い勝手が良いです。

アップライトなポジションに見切りの良いボディが組み合わされ、運転のしやすい車に仕上がっています。

シフトノブがインパネ中段に装備されるため、その分、足元には広々とした空間が拡がります。エアコンには小さなスイッチがびっしりと集約されており、少々使いづらい印象。

シート

フロントシートはたっぷりとした容量を持つ快適なシート。腰回りから太ももにかけてガッチリとホールドするため、安心感が高いです。

セカンドシートにはロングスライド&リクライニング機構が装備され、Lクラスサルーン並の余裕があります。

全長が拡大されたため、サードシートにも十分なスペースがあります。セカンドシートのポジションを適切に調整してやれば、足元空間も十分です。ただしクッションが平板で、座面および背もたれの長さも若干短め。長距離(50km以上)ドライブには向きません。

荷室

サードシートを跳ね上げて収納すれば、大きな荷室スペースが出現します。高さ方向にも十分な余裕があるため、ロード自転車の積載も可能です。

静粛性

マイナーチェンジによってエンジンの静粛性が向上。スライドドアにはシール材が追加され、ロードノイズや風切音も減少しています。

スポンサーリンク

パワーユニットとミッション

1797cc・直列4気筒DOHCエンジン+電気モーターに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。
最高出力99ps/5200rpm、最大トルク14.5kgf・m/4000rpmを発揮。
電気モーターは、82psの最高出力に、21.1kgf・mの最大トルク。
車両重量1620kg。JC08モード燃費は、23.8km/l。

パワーユニット

1.8Lのツインカムエンジンと電気モーターによるハイブリッドシステムで前輪を駆動(FF)。車重の軽いプリウス用のハイブリッドシステムですから、キビキビとした軽快感は期待できません。それでも、町中を普通に流す程度なら十分な力強さがあります。

出足はモーターを使ったスムーズでトルクフルな走り。そこからアクセルを踏み込むとエンジンが始動して、さらに力強さが増します。

トランスミッション

電気モーターとプラネタリーギアを組み合わせた電気式CVTを装備。厳密にはトランスミッションではありませんが、スムーズでダイレクトな制御を行います。

乗り心地とハンドリング

前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはトーションビーム式サスペンションを装備。

乗り心地

装着タイヤは205/55R16。

ガラス接着剤に剛性を増した新素材を採用。ガラスとボディの捻れを抑えることでボディ剛性を高めています。

この高剛性ボディにスポーティなサスが組み合わされ、適度に引き締まったしなやかな乗り味を実現。段差やジョイントではやや上下に揺すられやすいですが、アタリがまろやかなためゴツゴツとした不快感はありません。

もっと柔らかい足が好みという人には、ベースグレードの15インチ仕様をオススメします。

ハンドリング

重いニッケル水素バッテリーをボディ中央の低い位置(フロントシート下)に搭載するため、背の高いミニバンとしては重心が低いです。

コーナーの連続するワインディングではやや左右に煽られる傾向があるものの、市街地など日常ユースなら素直でバランスの良いハンドリングをみせます。ドライバーの意図したラインを外すことなく、キレイな旋回軌跡を描きます。

最小回転半径は5.5mと、大きなミニバンとしてはまずまずの数値。

その他

先進安全技術は最新の「Toyota Safety Sense C」を装備。このパッケージには「プリクラッシュセーフティシステム(衝突被害軽減ブレーキ)」や「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、「オートマチックハイビーム」および「先行車発進告知機能」などが含まれます。ただし、この「衝突被害軽減ブレーキ」に歩行者検知機能はありません。

【口コミ・インプレッション】のまとめ

「トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS」は取り回しの良い5ナンバーボディ(エアロが付くため登録は3ナンバー)を基本に、広々とした室内とプリウス用のハイブリッドシステムを組み合わせたMクラスミニバン(5ドア)。室内には3列7人乗りシートが装備され、3列目シートにもそこそこの快適性があります。

ハンドリングは素直でバランスの良い仕上がり。やや引き締まった印象ながらゴツゴツとした不快感はありません。しなやかで上質な乗り味を実現しています。

「家族が増えたので、取り回しの良いMクラス・ミニバンを探している」という人には定番となるモデルです。

中古車市場では

2014年式「トヨタ ヴォクシー ハイブリッド V」で200万円台前半。2017年式「トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS」なら300万円前後となります(2018年3月現在)。

価格

価格 | 3,269,160円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

寒い部屋で冷たい椅子に座って一年中キーボードを叩いているのが原因で「切れ痔」に!辛いです。(2018年6月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月〜)