レクサスが、クーペ専用モデル「レクサス RC 350(F SPORT)」を展示。レクサスのイメージをけん引する美しいボディ【東京モーターショー2017】


レクサス RC 350のフロント

2017年10月25日から11月5日にかけて、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。

レクサスはこの会場の自社ブースで、クーペ専用モデル「レクサス RC 350(F SPORT)」を展示していました。今回も会場で撮影した写真とともにレポートします。

LEXUSは、第45回東京モーターショー2017で、 自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開。 また“F”誕生10周年を記念して限定発売するRC F・GS Fの特別仕様車もあわせて発表しました。 フラッグシップセダン新型「LS」、2017年3月に発売したラグジュアリークーペ「LC」、 マイナーチェンジした「CT」「NX」など、全12車種を出展します。

引用:レクサス公式サイト

スポンサーリンク

「レクサス RC 350(F SPORT)」の概要

2014年に発売されたMクラスのラグジュアリークーペ。

プレミアムブランドを育てるには、イメージをけん引するクーペ専用モデルが欠かせません。レクサスにも通常のクーペモデルや「LFA」のようなスーパースポーツはありましたが、クーペ専用モデルは存在しませんでした。

そこで企画開発されたのがこの「 レクサス RC」。レクサスの技術の粋を集めるとともにイメージでもレクサスをけん引するため、ダイナミックで上質な専用クーペボディが与えられています。

搭載されるパワーユニットは、318馬力を発生する3.5リッターV6ツインカムエンジン。組み合わされるトランスミッションはトルコン式8速AT(電子制御)。

この他にハイブリッドシステムを搭載した「RC 300h」と2リッターツインカムターボを搭載した「RC 300」、5リッターV8ツインカムエンジンを搭載したホットバージョン「RC F」があります。

先進安全技術は最新の「Lexus Safety System+」を搭載。このシステムには「プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付き衝突回避支援)」や「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱防止支援)」、「オートマチックハイビーム(夜間視界支援)」、「レーダークルーズコントロール(車間距離維持走行支援)」といった機能が含まれます。

スポンサーリンク

「レクサス RC 350(F SPORT)」のスタイリング

レクサス RC 350のリア

フロント

低く身構えたフロントノーズにくさび型のLEDヘッドライト。ワイドに広がるスピンドルグリルが組み合わされます。

サイド

ロングノーズ&ショートデッキの美しいFRルック。19インチアルミホイールにふくよかなフェンダーライン。レクサスのイメージをけん引するのにふさわしい、上質感あふれる伸びやかなサイドビューです。

リア

ハイデッキ化されたリアエンドに小さく絞り込まれたキャビン。L字型LEDリアコンビランプや大型ディフューザー。デュアルエキゾースト・パイプフィニッシャーが装備され、スポーティで上質な後ろ姿を形づくっています。

スポンサーリンク

主要スペック

項目 スペック
パワーユニット 3456cc・V型6気筒DOHCエンジン
トランスミッション 8速AT
最高出力(エンジン) 318ps/6600rpm
最大トルク(エンジン) 38.7kgf・m/4800rpm
全長x全幅x全高 4695mmx1840mmx1395mm
ホイールベース 2730mm
車両重量 約1700kg
駆動方式 後輪駆動(FR)
ボディタイプ 2ドア・クーペ

メーカー希望小売価格

6,902,000円(消費税込み)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

akiroo

クルマ好きの40代男性。現在病気のため療養中です。

ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。

ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。

記事更新の時間は、大体、午後11時から12時にかけてを予定しています。

最近は気温の上昇とともに体調も除々に回復!長い冬でした(2018年4月)

現在、古い「試乗関連」の過去記事を全面書き換え中。その分、新しい記事の投稿が少なくなります(2018年4月)